イトゥク、”「SUPER JUNIOR」15年間も耐えて生き残った、本当にとんでもないこと”


「SUPER JUNIOR」のリーダーイトゥクがデビュー15周年を迎え、感激の気持ちを表わした。

「SUPER JUNIOR」イトゥクは6日午前、自分のインスタグラムに「本当に信じられないことが起こりましたね。私たちが15年持ちこたえました。生き残りました。歯を食いしばって耐えて、諦めなかったら、このような日が来るんですね。昔は10年越えると先生だという声を聞いたが、『SUPER JUNIOR』の先生方、苦労が多かったし、今後も苦労する予定です」という文を掲載した。

続いて「明日はよくなるだろう、ちょっと楽になるだろうと思うのは大きな誤算です。まだ皆さんがホットだからでしょう。だからイライラしても、ぶつぶつ言ってもいいから、一緒に行かなければなりません。怖いでしょ? 15周年の時に、チームがこのように健在するなんて誰も予想できなかったでしょ? だから僕は引っ張っていきます。僕たちは死んでも天国でSUPER SHOWツアーがあります。延々と続きます。今日だけお楽しみください。苦労したメンバー、ファン、スタッフの皆さん尊敬して愛しています♥」と一枚の写真を掲載した。

公開された写真の中には「SUPER JUNIOR」のデビュー15周年を祝うコメントと、メンバーたちの姿が盛られている。 9人のメンバーは全員笑顔を浮かべており、衣装もブルーとホワイトに合わせて着た。

この日デビュー15周年を迎えた「SUPER JUNIOR」は、2005年に1stアルバム「SuperJunior 05」で歌謡界にデビューした。

これと共に6日午後には新曲「The Melody」が発売される。イトゥクとイェソンが直接作詞に参加し、過去15年の間に一緒にしてくれたお互いへの感謝と、今のように、これからも一緒に歌ってくれと願う気持ちを込めた。

WOW!Korea提供

 

  • 「SUPER JUNIOR」シウォン、秋の男の香り…今日もイケメンビジュアル
  • 【KNTV】『SUPER JUNIORのアイドルVSアイドル』現場リポートを一足早くお届け!
  • キュヒョン(SUPER JUNIOR)、故キム・ヒョンシク30周年リメイクアルバム発売…「Like rain like music」歌う
  • SUPER JUNIORが作った最初の記録たち…最初の多人数グループに最初のユニット活動
  • 2020.11.06

    blank