【時代劇が面白い】イ・ソジン主演『イ・サン』に登場するソンヨンのモデルは誰か?(特別編)

「時代劇の巨匠」と称されるイ・ビョンフン監督が演出した『イ・サン』。このドラマではイ・ソジンがとても素晴らしい演技を披露したが、その相手役になったのがハン・ジミンだった。彼女が演じたソンヨンの実在のモデルとは?

 

4人の側室
イ・サンこと正祖(チョンジョ)の正室は孝懿(ヒョイ)王后である。
彼女は謙虚でとても温厚な性格だった。
誰からも尊敬される人徳を備えていたのである。

しかし、この孝懿(ヒョイ)王后は子供を産んでおらず、大妃(テビ/国王の母)になることはできなかった。
なお、正祖には正室の他に4人の側室がいた。
その1人が宜嬪(ウィビン)・成氏(ソンシ)である。
彼女こそが、傑作時代劇『イ・サン』でハン・ジミンが扮したソンヨンのモデルだと言われている。
宜嬪・成氏の生没年は不明だ。
正祖との間で文孝(ムニョ)世子という名の王子をもうけたが、その文孝世子息子は5歳で亡くなってしまった。

さらに、宜嬪・成氏は妊娠しているときに若くして亡くなったと伝えられている。
いわば、悲劇の側室なのだが、そんな女性をイ・ビョンフン監督は『イ・サン』で女性主人公ソンヨンとして甦らせた。
その結果、宜嬪・成氏の存在が現代になってよく知られるようになった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

朝鮮王朝最高の聖女は『イ・サン』に登場した孝懿(ヒョイ)王后!

正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝人物紀行15

イ・サンは大改革を予告した翌月に反対派に毒殺されたのか?

イ・サン毒殺説の証拠の書状が200年後の現代に発見された!

『イ・サン』でイ・ソジンが見せたセンス抜群のエピソードとは?

イ・ソジンが語ると『イ・サン』がさらに面白くなる!

 

コラム提供:チャレソ

http://chaleso.com/

2020.11.02

blank