【韓国映画特集】ようやく12月に韓国で公開される『徐福』が大変な話題になっている!

パク・ボゴムは8月から兵役に入っているが、彼が昨年撮影を終えていたのが映画『徐福』だった。この作品はパク・ボゴムとコン・ユのダブル主演になっており、2人の競演がとても魅力的だ。

 

クローン人間が主役?
映画『徐福』は、2019年の5月から10月まで撮影が行なわれた。
その撮影はとても大変だったようで、撮影直後にコン・ユはこう振り返っている。
「扮した人物が激しい動きをするので、物理的に撮影が簡単ではなかったです」

その口調は、いかにも撮影で疲労困憊になったという感じだ。
映画『徐福』では、パク・ボゴムが遺伝子の組み換えによって人造的に作られた複製人間を演じている。いわば、クローン人間だ。
そのクローン人間を争奪する争いの中で、コン・ユは国家機関のエージェントに扮している。
さぞかし、アクションシーンが多かったことだろう。その点で、コン・ユも肉体的な負担を相当に強いられた。しかし、それも俳優の宿命だ。何ごとにも全力を尽くすコン・ユのことだから、恐ろしいほどの集中力で役に没頭したに違いない。それが「簡単ではなかった」という発言になっているのだ。

この『徐福』が主に撮影されたのは全羅(チョルラ)北道の全州(チョンジュ)市にある全州映画総合撮影所だ。
実は、カンヌ国際映画祭で最高賞を得たポン・ジュノ監督作品の『パラサイト』も、その60%が全州映画総合撮影所で撮影されている。屋内と屋外の両方ですばらしいセットを持っているのが、この撮影所の特長だ。『徐福』もすばらしい環境のもとで撮影ができたことだろう。
待望の映画『徐福』が韓国で公開されるのは今年の12月だ。

文=「ロコレ」編集部

コン・ユとパク・ボゴムが主演する映画『徐福』に注目が集まる理由とは?

映画『徐福』はパク・ボゴムの今後の俳優活動を左右する重要な作品!

『パラサイト』と同じ撮影所を使った映画『徐福』に期待する!

パク・ボゴムとコン・ユが主演する映画『徐福』の徐福って何?

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』はパラサイト効果で大ヒットを狙う!

 

コラム提供:ロコレ

http://syukakusha.com/

2020.10.27

blank