映画「私が死んだ日」、キム・ヘス&ノ・ジョンウィ&イ・ジョンウンのキャラクター映像を公開


人生の崖っぷちに立った人物の特別なつながりを描いた映画「私が死んだ日」側がキャラクター映像を公開した。

「私が死んだ日」は1枚の遺書を残して消えていった少女と、人生の崖っぷちで事件を追跡する刑事、そして2人に手を差し伸べた声を失った目撃者まで、それぞれの生きるための選択を描いている。

自身が信じてきた人生全てが揺らいでしまった刑事ヒョンス。長い空白期を経て復職を目の前にするなか、ある少女の謎の自殺事件を担当することになり、追跡をすすめていくヒョンスは、なぜか自分に似たところを感じる少女セジンに感情移入し、「あの島でどうにか生きていこうともがいた跡でいっぱい」と、事件の裏に隠された真実に迫っていく。

作品ごとに変化する姿を見せる韓国を代表する女優キム・ヘスが、ヒョンスを演じ、事件の裏に隠された真実に迫る刑事の執念と、日常生活が崩れてしまった人物の複雑な心情を繊細に演じきった。

死んだ父親が巻き添えになった犯罪事件の証拠を、何も知らずに警察に引き渡してしまった少女は、重要参考人として離島で保護されることになる。1日で全てを失い、「なぜ私は何も知らなかったのでしょう。知らないのも罪ですか? 」と、独りで傷を抱えながらも耐えてきた彼女は、台風が来たある日、1枚の遺書を残し、何の痕跡も残さずに崖から消え去ってしまう。セジンは最近注目を浴びているノ・ジョンウィが演じ、10代の少女の寂しくて苦しい心境と、感情の変化を表現していく。

事故で声を失い、離島のように独りぼっちになってしまった住民スンチョン宅。犯罪事件の重要参考人であるセジンの住居を提供していた彼女は、幼いのに苦しみを味わっていた少女を気に留めるが、島の誰ともかかわりたくないセジンは彼女に冷たくあたってしまう。

それでもセジンの最も近くにいたスンチョン宅は、セジンの失踪後、刑事のヒョンスに最後に目撃したセジンの動向を伝える。名女優と名高いイ・ジョンウンが声を失ったスンチョン宅を演じ、小さな動作と表情だけで感情を表現したと伝えられている。

映画「私が死んだ日」は、11月12日に公開される。

WOW!Korea提供

 

  • 女優キム・ヘス、映画「私が死んだ日」出演確定
  • <トレンドブログ>女優キム・ヘス、セクシー健康美の代名詞…マスクしても優雅なオーラ
  • 女優キム・ヘス、海辺でごみ拾い=ネットユーザーは「ごみ拾いをする姿を見て反省した」
  • <トレンドブログ>女優キム・ヘス、アンバランスオフショルダーワンピースで誇った蠱惑的なセクシーさ
  • 2020.10.26

    blank