BTS(防弾少年団)、10月アイドルグループ100大ブランド評判1位…2位はBLACKPINK

アイドルグループ100大ブランド2020年10月のビッグデータ分析結果、1位BTS(防弾少年団)、2位BLACKPINK、3位NCTの順で分析された。

韓国企業評判研究所は、アイドルグループのブランド評判ビッグデータ分析のために2020年9月24日から2020年10月24日まで100のアイドルグループ ブランド ビッグデータ124,739,251個を抽出して、アイドルグループ100大ブランドに対する消費者の参加指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数で測定してブランド評判指数を分析した。 2020年9月のアイドルグループ100大ブランド ビッグデータ119,583,667個と比較すると4.31%増加した。

ブランド評判指数は、消費者のオンライン習慣がブランド消費に大きな影響を及ぼすということを探し出してブランド ビッグデータ分析を通じて作られた指標だ。 アイドルグループ100大ブランドの評判分析を通じて、アイドルグループ100大ブランドに対する肯否定評価、メディア関心度、消費者の関心とコミュニケーション量を測定することができる。 ブランド評判モニター100人の評価も含まれた。

2020年10月のアイドルグループ100大ブランド評判30位までの順位は、BTS、BLACKPINK、NCT、OH MY GIRL、(G)I-DOL、MAMAMOO、EXO、少女時代、SEVENTEEN、TWICE、IZ*ONE、PENTAGON、Stellar、宇宙少女、今月の少女(LOONA)、B1A4、GFRIEND、Weeekly、SHINee、THE BOYZ、April、BIGBANG、T-ARA、Weki Meki、Lovelyz、Cignature、SUPER JUNIOR、MONSTA X、神話(SHINHWA)、Apinkの順で分析された。

1位のBTSブランドは、参加指数2,285,832、メディア指数2,877,942、コミュニケーション指数4,561,482、コミュニティ指数4,502,502で、ブランド評判指数14,227,757と分析された。 9月のブランド評判指数19,856,947と比較すると28.35%下落した。

2位のBLACKPINKブランドは、参加指数1,618,936、メディア指数1,871,331、コミュニケーション指数4,582,215、コミュニティ指数4,207,760で、ブランド評判指数12,280,242と分析された。 9月のブランド評判指数13,138,816と比較すると6.53%下落した。

3位のNCTブランドは、参加指数375,144、メディア指数718,953、コミュニケーション指数4,126,549、コミュニティ指数3,299,400で、ブランド評判指数8,520,046と分析された。 9月のブランド評判指数2,505,593と比較すると240.04%上昇した。

韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「2020年10月のアイドルグループ100大ブランド評判順位で、BTSブランドが1位を記録した。 アイドルグループのブランドカテゴリーを見ると、2020年9月のアイドルグループ100大ブランド ビッグデータ119,583,667個と比較すると4.31%増加した。 細部分析を見ると、ブランド消費14.24%上昇、ブランドイシュー2.41%上昇、ブランドコミュニケーション5.14%上昇、ブランド拡散1.24%上昇したことが分かった。 アイドルグループに対する肯否定比率分析は、肯定比率49.88%で、9月の肯定比率65.09%より15.21%下落した」と、話した。

引き続き「2020年10月のアイドルグループ100大ブランド評判1位を記録したBTSブランドは、リンク分析で“公開する、突破する、記録する”が高く出てきたし、キーワード分析では“ビルボード、YouTube、ダイナマイト”が高く出てきた。 肯否定比率分析では、肯定比率75.52%を記録した」と、話した。


 

  • BTS(防弾少年団)ジミン、米タイムズスクエアを輝かせた独舞映像が話題
  • 全世界で大ヒットを記録!BTS ドキュメンタリー映画「BRING THE SOUL : THE MOVIE」TBSチャンネル1で10月24日(土)午後9時 日本初独占放送!
  • BTS(防弾少年団)V、“スモモ食べたい”かわいい魅力でARMYたちをメロメロに
  • BTS(防弾少年団)ジミン「Filter」、YouTubeのミュージックチャート16位!”BTSで唯一”
  • 2020.10.24

    blank