俳優イ・ミンホとキム・レウォン主演映画「江南1970」、連続1位

article
俳優イ・ミンホとキム・レウォンの主演映画「江南1970」の興行の勢いが止まらない。

24日の映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによれば、映画「江南1970」(監督ユ・ハ)は23日に14万8043人を動員して累積観客数44万213人を記録、ボックスオフィスで1位を占めた。

「江南1970」は、21日の封切り以降ボックスオフィスで1位であった映画「国際市場」(監督ユン・ジェギュン)を追い越して3日連続1位を占めた。
何より「江南1970」は青少年観覧不可等級の判定を受けた映画であるという点で注目されている。

イ・ミンホとキム・レウォンの「江南1970」興行のニュースを知ったネットユーザーは「イ・ミンホとキム・レウォンの『江南 1970』、どんな映画なのか知りたい」、「イ・ミンホとキム・レウォンの『江南1970』、やっぱりイ・ミンホだね」、「イ・ミンホとキム・レウォンの『江南1970』、青少年観覧禁止なのにうまく行ってるね」などの反応を見せた。

「江南1970」は1970年代のソウル、開発が始まった江南の土地を取り巻くふたりの男の欲望と義理、裏切りを描いた作品である。イ・ミンホ、キム・レウォン、キム・ソルヒョンが出演して「凍える牙」、「霜花店(サンファジョム)運命、その愛」、「マルチュク青春通り」、「卑劣な通り」、「情愛」のユ・ハ監督が演出を引き受けた。

2015.01.25

blank