チョン・ヘイン、初の時代劇主演「雪降花:snowdrop」確定... BLACKPINKジスと切ない愛描く

俳優チョン・ヘインが、ケーブルチャンネルJTBCの新ドラマ「雪降花:snowdrop」(仮題)に主演すると所属事務所が5日、伝えた。

同ドラマは1987年のある日、ソウルの女子大の学生寮に血だらけのまま駆け込んできた男性と、その男性を介抱しかくまった女性の恋を描く。日本でも放送されたJTBCのヒットドラマ「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」の脚本を手掛けたユ・ヒョンミ氏と演出を担当したプロデューサーのチョ・ヒョンタク氏が制作に参加し、期待が集まっている。

チョン・ヘインは大学院生のイム・スホを演じる。チョン・ヘインのほか、人気ガールズグループBLACKPINKのジス、女優のキム・ヘユン、ユン・セアの出演も決まっている。

チョン・ヘインは時代劇ドラマ「三銃士」に続き「雪降花:snowdrop」で時代劇初主演に挑戦することになった。これまでロマンスに焦点を当てていたチョン・ヘインは混乱の時代を背景に力強くたくましい姿や繊細な感情演技で説得力のあるイム・スホを演じる覚悟だ。

一方、「雪降花:snowdrop」は、2021年上半期放送予定である。

2020.10.05

blank