「イベントレポ」JYJ キム・ジェジュン、2万5千人のファンとシークレットパーティー開催!

1 キム・ジェジュンが2万5千人の日本のファンとの出会い、列島を熱くした。

C-Jesエンターテイメントは23日、「キム・ジェジュンが去る21、22日の両日、日本の横浜アリーナで開かれた『2015 KIM JAE JOONG J-PARTY IN YOKOHAMA』で25000人のファンと共に熱い熱気の中でファンミーティングを盛況裡に終えた」と明らかにした。

キム・ジェジュンが自身の誕生日を迎え、直接ファンとの出会いを提供するために企画された今回の行事は、キム・ジェジュンの常連バー「J」でファンと「シークレットパーティー」を楽しむというコンセプトで進行された。

 

この日キム・ジェジュンはギフトボックス型のゴンドラに乗り、客席の端から舞台まで移動して、イベントがスタート。ジェジュンは「こんばんは!こんにちは!」と言いながら客席に向かって笑顔で挨拶した後、甘いボイスで人気のある日本の曲「僕のそばに」(徳永英明)、「Goodbye days」(YUI)をプレゼントした。

続いて舞台の上でファンと共に「ドラマの中の名場面」を再現するコーナーでは、
タオルの羊巻きや、落ち込んでいる彼女にご飯を食べさせたり、バックハグをするなどのイベントで一緒にポラロイド写真を撮り、忘れられない思い出で2015年のスタートを飾った。

また、26日が誕生日であるキム・ジェジュンのために登場したケーキで、韓国と日本はもちろん、スコットランド、エジプト、プエルトリコ、アルゼンチン、ブルガリア、ルーマニアなど世界中のファンからの祝賀映像が続き、「JYJ」のメンバー、パク・ユチョンとキム・ジュンスのサプライズ映像の手紙で、会場は温かさでいっぱいになった。

2 ジェジュンは自身のソロアルバム収録曲である「9 + 1#」と「光」を熱唱、パワフルでエネルギーに満ちた舞台を披露した後、「歌だから楽しいですね」と言いながら、その場で、日本の歌「Glamorous sky」(中島美嘉)を一曲追加した。

舞台を心から楽しむジェジュンの姿に日本のファンも「ジェジュン大好き!」と叫んで真冬の横浜アリーナをこれまで以上に熱くした。

すべてのプログラムを終えてジェジュンが退場した後も、ファンは一斉に「ジェジュン」と連呼し、自身のソロ1集タイトル曲の「Just another girl」を歌いながら再登場すると、すべての観客が立ち上がってペンライトを振ってアンコール曲で更に熱く盛り上げた。

アリーナをゴンドラで回り客席のファンと身近での交流も試みた。
ジェジュンは「本当に今日で最後になるかもしれないから、足、重いね」、「みなさん、身体に気をつけて、元気でね。そして、風邪に気をつけて」という最後の挨拶と共に、両日のイベントを成功的に幕を閉じた。

ジェジュンは来る26日、ソウル蚕室(チャムシル)室内体育館で「2015 KIM JAE JOONG J-PARTY IN SEOUL」を行う予定である。

 

<写真>C-JeSエンターテイメント提供

 

 

2015.01.23

blank