CNBLUE ヨンファ「今度は振られたくなかった」

20150121-ジョン・ヨンファソロ活動をスタートさせた人気バンドCNBLUEのヨンファが、「今度のアルバムでは振られたくなかった」とし、ソロアルバムを強調した。

ヨンファは19日の午後、ソウル江南区にあるMaria CallasHallで初のソロアルバム「ある素的な日(One Fine Day)」の発表記念のプライベートショーケースを開催、アルバム収録曲を紹介しながら次のように語った。

ヨンファは、CNBLUEの音楽とソロの違いについて「今までCNBLUEのタイトル曲は振られる歌が多かった。ひとつの例外もなくすべて振られる曲だったので、今度は雰囲気を変え、別れた後の複雑な感情を歌詞に表現してみた」と明らかにした。

さらに、「ミュージックビデオにもこだわり抜いて、撮影した。今までは外国の俳優を起用した為、意思の疎通が困難であったが、今回は韓国の俳優なのでさらに、楽しく撮れた」とし、「黙って見守る役ばかりだったが、今回は愛を分かち合うシーンが少し多く、『恨みを晴らした気がする』とジョークを交えた。

また「ある素的な日」を作る時もCNBLUEとは違うもの、自分がしたいことが何なのか悩みながら制作したので、これをきっかけに“好きな音楽が何なのか”よく分かるようになった。振り返えることができたアルバムになった」と語った。

「ある素的な日」は、ヨンファが発表する初のソロアルバムで同名のタイトル曲を含んだ10曲が収録され、ヨンファが全曲の作詞、作曲に参加して自身のストーリーを率直に表現。ヤン・ドングンとVerbal Jint、Yoon Do Hy、台湾スターのJJ Lin、アメリカのブルースギタリストのピーター・マリックなどとのコラボレーションでより豊富な音楽を盛り込んだ。

この日初めて公開されたタイトル曲「ある素的な日」は、「既存の音楽とは違うスタイルの曲を作りたい」というヨンファの想いが込められた曲で、「ある素的な日」というタイトルと違う別れの後ひとり残された日々を淡々と語る歌詞が印象的な曲である。ミュージックビデオは俳優の好演と感性的な映像美を土台にした恋人たちの出会いからつらい別離までのラブストーリーを映し出し、切ない曲の感性を最大に生かした。

2015.01.21

blank