ドロ沼離婚訴訟のリュ・シウォン、きょう判決…終止符うたれるか

ドロ沼離婚訴訟のリュ・シウォン、きょう判決…終止符うたれるか

離婚訴訟中の韓国俳優リュ・シウォン(42)にきょう(2015年1月21日)判決が下る。

ソウル家庭裁判所によると、リュ・シウォンと妻A氏の離婚などに対する訴訟判決宣告期日が21日午後、進行される。

判決宣告では、裁判所が最終的に離婚について判決を下すことになる。裁判所は、両者の主張を収束した後、帰責事由などを考慮して2人の離婚可否に関して宣告する予定だ。

A氏は2012年3月、離婚調停を申請した。調停が不成立となったことで同年5月から離婚訴訟へと突入。その中で2人は、お互いを異なる理由で告訴した。

A氏は2013年5月、リュ・シウォンを暴行、脅迫および居場所を追跡した容疑などで告訴し、その結果、リュ・シウォンは罰金700万ウォン(約75万円)が言い渡された。

最高裁が原審を確定した昨年9月、リュ・シウォンは所属事務所を通して「これ以上、私の家庭事情が世間の話題とならないことを望むが、これは私の欲だ。夫として家長として、私は至らない人だったということ。ただ、はずかしいことはしていない。うそが真実となることを受け入れるのは、私にとって容易ではない。よくない出来事で、このような立場を明かさなければならないことが誠に残念であり、申し訳ない」と心情を吐露していた。

これとは別途に、リュ・シウォン側は昨年8月の刑事公判当時、証人として出席したA氏を偽証の容疑で告訴した。一部発言が偽証であるとの疑惑が提起され、A氏に対する裁判が進行中だ。

一方、リュ・シウォンとA氏は2010年に結婚し、一女をもうけた。

WOW!korea提供

2015.01.21

blank