BTS(防弾少年団)ジミン、9月のグループ個人ブランド評判1位!2位ジョングク、3位V

ボーイズグループ個人ブランド評判2020年9月のビッグデータ分析の結果、1位BTS(防弾少年団)ジミン、2位BTSジョングク、3位BTS Vの順に分析された。

19日、韓国企業の評判研究所はボーイズグループ個人ブランド評判のビッグデータ分析のために、2020年8月17日から2020年9月18日までにボーイズグループの個人653人のブランドビッグデータ101,924,285個を抽出して、グループの個人ブランドの消費者行動の分析をもとに作成された参加指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数でブランドの評判指数分析結果を発表した。

2020年9月のボーイズグループ個人ブランド評判30位までの順位は、ジミン(BTS)、ジョングク(BTS)、V(BTS)、SUGA(BTS)、RM(BTS)、ジン(BTS)、J-HOPE(BTS)、ベクヒョン(EXO)、チャ・ウヌ(ASTRO)、カイ(EXO)、ヒチョル(SUPER JUNIOR)、テミン(SHINee)、チャンヨル(EXO)、キュヒョン(SUPER JUNIOR)、G-DRAGON(BIGBANG)、ムンビン(ASTRO)、ミニョク(MONSTA X)、ショヌ(MONSTA X)、ドンヘ(SUPER JUNIOR)、ウニョク(SUPER JUNIOR)、ジュン(SEVENTEEN)、マーク(NCT)、スングァン(SEVENTEEN)、ウングァン(BTOB)、ヒョンジェ(THEBOYZ)、テヨン(NCT)、ユン・ドゥジュン(HighLight)、セフン(EXO)、ジョンハン(SEVENTEEN)、ジェヒョン(NCT)の順に分析された。

1位のBTSジミンブランドは、参加指数1,380,855、メディア指数3,808,023、コミュニケーション指数2,018,957、コミュニティ指数2,324,122で、ブランド評判指数9,531,956と、分析された。去る8月のブランド評判指数6,476,311と比較すると、47.18%上昇した。
2位のBTSジョングクブランドは、参加指数994,769、メディア指数3,276,298、コミュニケーション指数1,863,021、コミュニティ指数1,311,083で、ブランド評判指数7,445,171と、分析された。去る8月のブランド評判指数4,056,917と比較すると83.52%上昇した。

3位のBTS Vブランドは、参加指数1,216,194、メディア指数3,104,398、コミュニケーション指数1,528,397、コミュニティ指数1,119,596で、ブランド評判指数6,968,585と、分析された。去る8月のブランド評判指数3,337,225と比較すると108.81%上昇した。

ブランド評判指数は、消費者のオンライン習慣がブランド消費に大きな影響を与えていることを見つけて、ブランドビッグデータ分析を通し作られた指標である。

 

  • 「PHOTO@ソウル」BTS(防弾少年団)ジミン&ジョングク、「ペ・チョルスの音楽キャンプ」出演のためスタジオに移動
  • BTS(防弾少年団)ジミン、リーダーRMの誕生日を祝う…”うちのナムジュン、誕生日おめでとう”
  • BTS(防弾少年団)ジミン「Lie」、100万「いいね」突破
  • BTS(防弾少年団)V、「夢に出てきてほしいナムドル」1位獲得…2位ジョングク、3位ジミンが名を連ねる
  • 2020.09.19

    blank