≪韓国ドラマNOW≫「アリス」6話、チュウォンが“連続殺人犯”を制圧するか…キム・ヒソンが死に直面

≪韓国ドラマNOW≫「アリス」6話、チュウォンが“連続殺人犯”を制圧するか…キム・ヒソンが死に直面

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

12日午後に放送されたSBS「アリス」第6話では「パク・ジンギョムが92年の事件を調査している」と、パク・ジンギョム(チュウォン)を警戒するキ・チョルアム(キム・ギョンナム)、オ・シヨン(ファン・スンオン)、ユ・ミンヒョク(クァク・シヤン)の姿が描かれた。

この日、オ・シヨンはユン・テイ(キム・ヒソン)に言及し、カードの秘密を暴露したのではないかと疑った。すると、ユ・ミンヒョクは「92年の事件を知る人は何人にもならない」と、意味深長な表情を浮かべた。さらに、ユン・テイは自身の研究所を訪れたパク・ジンギョムに「今日私が話すことはどこかに行って話してはならない」、「研究所を出る時に秘密維持契約書を書いて知らせれば、埋葬される」と告白した。しかし、パク・ジンギョムはユン・テイの話を聞くやいなや過去のことを取り上げ、「秘密にすることにした約束を守る事ができないようだ」と話した。

パク・ジンギョムはソク・オウォン(チェ・ウォンヨン)の胸ぐらを摑み、「ユン教授に意図的に接近したんでしょう?あなたが研究したのは何だ。僕の母の死とどんな関係があるのか」と叫んだ。しかし、ソク・オウォンは淡々としていた。ソク・オウォンは「まだ申し上げることができない。今言っても信じられないだろう」と明らかにした。これにパク・ジンギョムは「私の話をちゃんと聞いて。何の目的でこうしているのか分からないが、少しでも怪しい点が見つかれば、あなたから逮捕するんだ」とソク・オウォンとの葛藤を予告した。

キム・ドヨン(イ・ダイン)はパク・ジンギョムとユン・テイの関係に嫉妬した。パク・ジンギョムの車の中にユン・テイがプレゼントしたUSBが挿入されていた為だ。「また会ったの」とパク・ジンギョムを横目でにらみつけたキム・ドヨンはUSBを返す為にユン・イの研究室を訪問した。ユン・テイは「この尊い場所に捏造した方がどうして来たのか?」と言い、キム・ドヨンを警戒した。また、ユン・テイは「ジンギョムにこんな物をあげた理由は何か?」というキム・ドヨンの言葉に、「私、刑事さんに関心がない。本当に理解ができない。あんな男のどこが良いのか?」とぶっきらぼうに答えた。キム・ドヨンは「知らないみたいですね。ジンギョムが私とたった2人きりのときは違います。とても甘くて糖尿病かかるかと心配な程です」と嫉妬心を誘発した。

オ・シヨンは「パク・ジンギョムが持っていたカードが信号を送ってきた」と、ユ・ミンヒョクと韓国大の共同研究室にドローンを飛ばした。ユ・ミンヒョクは直ちにユン・テイの研究室を訪ねた。キム・ドヨンは道に出たところでユ・ミンヒョクを発見し、パク・ジンギョムに電話をかけて「私今その人を見た。92年度の写真に出ている男」と伝えた。これを聞いたパク・ジンギョムもすぐにユン・テイの研究室に足を踏み入れ、ユ・ミンヒョクと揉み合った。パク・ジンギョムは結局、ユ・ミンヒョクにカードを奪われた。

ユン・テイは自分を家まで送ってくれたパク・ジンギョムに「お腹空かないですか?夕食食べて行きます?」と尋ねた。ユン・テイはこれといった表情を作らなかったパク・ジンギョムを眺めた後、家に入ろうとしたが、パク・ジンギョムは「あの、失礼にならないのなら食べて行ってもいいですか?」とユン・テイへ少しずつ心を開き始めた。

特にユン・テイは「どうしてこんなに私を心配するの?私のためにお母さんの遺品まで放棄して。わからないというのは話ができますか?ひょっとして無感情症なのですか?私が調べてみたら、無感情症は自分が誰かを好きになってもわからないそうですが本当にそうですか?本当にもし誰かが刑事さんを好きならば、それは気づくことができますか?」とし、パク・ジンギョムを追い詰めた。それだけでなく、ユン・テイは「僕がそんなにのろまではありません。ところでそれをなぜ聞くんですか?」というパク・ジンギョムに向かって、「それを聞くこと自体が鈍いんです」と言い、パク・ジンギョムを好きなキム・ドヨンを思い浮かべた。

ユ・ミンヒョクはユン・テイがいる場所に奇襲訪問し、「タイムカードプログラムをコピーされましたか?消して下さい。これが最後の警告です」と打ち明けた。ユ・ミンヒョクはユン・テイを脅し始めた。「あなたの正体は何」と問うユン・テイに、「パク・ジンギョムと会わないで下さい。あの人のせいで先生まで危険に陥る恐れがあります。この言葉をお伝えしようと来ました」と伝えた。また、ユ・ミンヒョクは「ひょっとして私たちどこかで会ったことがありますか。見覚えがあるので」というユン・テイに、「いいえ。そんなことはないでしょう。私が言った言葉を肝に銘じて下さい。パク・ジンギョムから遠ざかって下さい。ひょっとして私が怖がらせたのなら申し訳ありません」ときっぱり話した。

パク・ジンギョムはキム・ドンホ(イ・ジェユン)に暴行を加えたユ・ミンヒョクを逮捕し、取り調べ室に連れて来た。パク・ジンギョムは92年度の写真を見せながら「29年前の写真なのにあなたは何故そのままなのか?」と尋ねた。さらに、パク・ジンギョムは「君は私たちが誰か既に気づいたのではなかったか?」というユ・ミンヒョクに、「92年に行った理由はなんだ。あんた達がここで何をしようとするのか明かそうと」だとし、ますます先鋭になった葛藤を示唆した。

ユン・テイはタイムカードのコピーのせいで謎の殺人鬼によって研究所の同僚を失った。ユン・テイは「私のせいなんでしょう?私がコピーをあげて?」と後悔し、パク・ジンギョムは「原因を突き詰めれば、僕の過ちが大きい。僕がもう少し調査をしてみます」とユン・テイを慰めた。

以降、ユン・テイは家にしばらく立ち寄ることがあるとし、パク・ジンギョムと家へ向かった。ユン・テイを家まで送ったパク・ジンギョム。しかし、家の中に入ってかなり長い時間が経ったにも関わらず、家の中の灯りがつかず、パク・ジンギョムが首をかしげていると、すぐに家の中から悲鳴が聞こえた。ユン・テイの家の中には同僚を殺した殺人鬼が隠れていた。

SBS「アリス」は死によって永遠の別れを経験した男女が時間と次元の限界を超えて、魔法のように再び会って起こるストーリーだ。毎週金、土曜日の午後10時より放送されている。

WOW!korea提供

  • ドラマ「アリス」俳優ユン・ジュマン、未来から来た連続殺人魔役…強烈な初登場予告
  • 俳優クァク・シヤン、「アリス」リアタイ視聴促す…ファンの心を盗むイケメンさ
  • 「アリス」キム・ヒソン、20代の大学生に完璧に変身“絶対美貌”
  • ≪韓国ドラマNOW≫「アリス」4話、チュウォンが2010年にタイムスリップ…再び異なる姿の母親に出会う
  • 2020.09.13

    blank