【時代劇が面白い】兄弟に殺された悲劇の五大王子とは誰なのか

 

次の2人
臨海君(イメグン)
[1574~1609年]
14代王・宣祖(ソンジョ)の長男。16世紀末、豊臣軍との戦乱の中で捕虜になってしまい、解放後にはその屈辱から酒びたりになった。素行の悪さが原因で、王の後継者になれなかった。1608年に弟の光海君(クァンヘグン)が即位すると、盛んに弟を強く批判するようになった。それによって危険人物と見なされて、1609年に殺されてしまった。

永昌大君(ヨンチャンデグン)
[1606~1614年]
14代王・宣祖(ソンジョ)の嫡男。母は仁穆(インモク)王后。2歳のときに宣祖が亡くなり、王位は異母兄の光海君(クァンヘグン)が継いだ。

宣祖の正室の息子であったことで、宣祖の側室の息子だった光海君によって警戒され、流罪になった末に1614年に殺害されてしまった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

李芳遠(イ・バンウォン)は太宗(テジョン)となっても継母を恨んだ

『不滅の恋人』のイ・フィは歴史上の安平大君(アンピョンデグン)のこと!

悲惨な最期を遂げた端宗(タンジョン)に涙する

光海君(クァンヘグン)は兄弟同士の争いを経て国王になった!

光海君(クァンヘグン)!暴君の汚名から名君へと評価が一変した国王

 

コラム提供:ヨブル

http://yoble.jp/

2020.09.02

blank