【時代劇が面白い】仁祖は本当に徳がない国王だった!

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより

 

仁祖(インジョ)は、クーデターを成功させるまでは、卓越した戦略性と優れた統率力を持っていた。だからこそ、光海君をあれほどあっさりと追放することができたのだ。しかし、王位に上がったあとは、凡庸さばかりが目立つようになった。

 

数々の失政
仁祖が即位した翌年の1624年には、功臣が反乱を起こした。それも仁祖が信頼して功臣を遇していれば防げる出来事だった。
また、1627年には北方の異民族国家だった後金の侵攻を許したが(和睦が成立している)、これも国防があまりにおろそかになり、その隙を後金に突かれた結果だった。
当時の朝鮮王朝は、中国大陸の明を崇め、新興勢力の後金を“辺境の蛮族”として蔑(さげす)んでいた。これが後金の怒りを買った。この国は清と名を変えて、1636年12月に怒濤の大軍で再び朝鮮半島に攻めてきた。その圧倒的な軍事力に対抗することができず、朝鮮王朝は屈伏し、仁祖は清の皇帝にひざまずいて謝罪している。

これほどの屈辱を受けた王は、朝鮮王朝では他にいなかった。しかも、仁祖の息子3人は人質として清に連れていかれてしまった。これほどの苦難を受けていたのに、都の人々は「王があまりに情けないから、我々の生活はどん底になるんだ」と仁祖を無能呼ばわりした。

そんな仁祖は、長男の昭顕世子(ソヒョンセジャ)が清での長い人質生活を終えて9年ぶりに故国に戻ってくると、外国の文物にかぶれているという理由で昭顕世子を冷遇した。この昭顕世子は帰国後わずか2カ月だった1645年に亡くなるが、仁祖に毒殺されたのではないかという噂が絶えなかった。
真相は藪(やぶ)の中だが、「息子を毒殺したのでは?」と噂されるところが、仁祖の徳のなさを物語っている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

仁祖(インジョ)はなぜ光海君(クァンヘグン)に復讐したかったのか?

危機に陥ると何度も王宮から逃げ出していた仁祖!

仁祖(インジョ)と貞明公主(チョンミョンコンジュ)!確執の真相は?

悪夢の父子!仁祖(インジョ)と昭顕(ソヒョン)世子の確執

仁祖(インジョ)が貞明公主(チョンミョンコンジュ)を標的にした!

 

コラム提供:チャレソ

http://chaleso.com/

2020.08.31

blank