【時代劇が面白い】最初に廃妃になった王妃は燕山君(ヨンサングン)の母!(歴史編)

 

仁粋大妃の脅迫
成宗は使者を送って尹氏の状況を調べさせた。場合によっては、王宮に戻してあげようという気持ちもあったのだ。
使者が尹氏を訪ねると、確かに反省して質素に暮らしていた。そのことを使者は成宗に報告しようとしたのだが、その途上で仁粋大妃(インステビ)に捉まった。
仁粋大妃は成宗の実母である。そして、尹氏を嫌っていた。

仁粋大妃は、「あの女は反省もせず傲慢に暮らしていました、と殿下に報告しなさい」と使者を脅迫した。
仁粋大妃といえば、そのころは絶大な権力を持っていた。使者は逆らうことができずに、仁粋大妃の言うとおりに報告した。

成宗は激怒して尹氏に自害を命じた。
尹氏は「廃妃から死罪」という悲しい結末を迎えたのである。
(ページ3に続く)

燕山君(ヨンサングン)!最悪の暴君の哀れな人生とは?

王になってはいけなかった燕山君(ヨンサングン)の悪政とは?

同じ廃位でも光海君(クァンヘグン)は燕山君(ヨンサングン)とは違う!

朝鮮王朝三大悪女(張緑水、鄭蘭貞、張禧嬪)の哀れな最期とは?

贅沢三昧の張緑水(チャン・ノクス)/悪女の系譜6

2020.08.29

blank