【韓国映画特集】パク・ソジュンの人気で新しい映画も大いに注目されている!

© 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

パク・ソジュンの新しい映画が日本で公開されて人気を集めている。彼が『ミッドナイト・ランナー』のキム・ジュファン監督と再びタッグを組んで完成させたのが、映画『ディヴァイン・フューリー/使者』である。

新たな傑作

『ディヴァイン・フューリー/使者』でパク・ソジュンが演じるのは、悪と戦っていく格闘技のチャンピオンである。
そして、『ミッドナイト・ランナー』で素晴らしい演出力を発揮したキム・ジュファン監督のもと、パク・ソジュンは激しい格闘と鍛え上げられた肉体美を見せている。まさに、「パク・ソジュンのための映画」だった。
共演は『シルミド/SILMIDO』『光州5・18』の国民的俳優アン・ソンギ、『MASTER/マスター』のウ・ドファン、『パラサイト 半地下の家族』のチェ・ウシク。魅力たっぷりの顔触れだ。
このような豪華キャスティンクでアクションの新たな傑作が生みだされた。

『ディヴァイン・フューリー/使者』のストーリー紹介
総合格闘技の若き世界チャンピオンのヨンフ(パク・ソジュン)。彼は幼少期に事故により父を亡くし、神への信仰を失ったまま成長した。ある日、ヨンフは右手に見覚えのない傷ができていることに気がつく。彼は傷について調べるうち、何かに導かれるかのようにバチカンから派遣されたエクソシストのアン神父(アン・ソンギ)に出会い、自身に正義の力が隠されていることを知る。一方、街にはびこる悪が密かに彼らの前に迫っていた……。

「作品情報」
『ディヴァイン・フューリー/使者』
8月14日(金)シネマート新宿ほか全国ロードショー
出演:パク・ソジュン『ミッドナイト・ランナー』、アン・ソンギ『ラスト・ナイツ』、ウ・ドファン『MASTER/マスター』、チェ・ウシク『パラサイト 半地下の家族』
監督・脚本:キム・ジュファン『ミッドナイト・ランナー』 撮影:チョ・サンユン『ミッドナイト・ランナー』 編集:キム・ソンミン『哭声/コクソン』 音楽:ウグ・ジャワン『悪女/AKUJO』
配給:クロックワークス
© 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

提供:韓流テスギ

http://tesugi.com/

 

2020.08.28

blank