「共助2」ヒョンビン&ユ・ヘジン&ダニエル・ヘニー、南北朝鮮とアメリカ刑事のチームプレーに期待

映画「共助」チームが、2打席連続ヒットを狙う。2017年1月に公開された「共助」は781万人を動員して興行に成功した。
「共助2(仮題)」の制作スタッフは、1編に出演した俳優ヒョンビンとユ・ヘジンに加えてダニエル・ヘニーをキャスティングしながら興行への始動をかけた。

「共助2」は、2017年に公開した映画「共助」の続編だ。「共助」は、韓国に隠れた北朝鮮の犯罪組織をとらえるために精鋭部隊出身の北朝鮮刑事であるイム・チョルリョン(ヒョンビン)と韓国刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)の共助捜査を描いた映画だ。2編は、南北朝鮮、アメリカの合同協力捜査を盛りこむ。
ダニエル・ヘニーが、最近オファーを受けて肯定的に出演を検討していることが26日の取材の結果確認された。ダニエル・ヘニーは、アメリカの刑事役を提案されたことが分かった。

イ・ソクフン監督が現在シナリオ執筆中で、俳優たちは最終版を受け取るまで出演を検討中だという立場だ。
男性美あふれながらも温かいヒョンビン、確かな演技力で特有の親しみやすい魅力を発揮するユ・ヘジンと会うダニエル・ヘニーが、どんなキャラクターで劇に活気を吹きこむかが注目されている。南北アメリカの刑事たちのチームプレーが緊張と笑いを生み出すと期待されている。

「共助2」は、映画「ヒマラヤ」(2015)、「パイレーツ」(2014)、「ダンシングクイーン」(2012)「放課後の屋上」(2006)などの脚本と演出を引き受けたイ・ソクフン監督がメガホンをとる。

  • ヒョンビン、映画「共助2」に出演なるか?…”オファー受け検討中"
  • ヒョンビン事務所、“日本で再発行予定の海兵隊写真集、事前同意なし。法的対応”
  • 「コラム」本を通してヒョンビンが語る1「自分自身を再発見したい」
  • 「愛の不時着」俳優ヒョンビン側、海兵隊時代の写真集を日本で復刊?「同意していない」法的対応を示唆
  • 2020.08.26

    blank