チュウォン、除隊当時約50か所からラブコール…“「アリス」選択の理由は?”

俳優チュウォンが、24日午後に行われたSBS新金土ドラマ「アリス」の制作発表会で、軍除隊後3年ぶりに復帰した心境を明らかにした。
この日は、新型コロナ拡散防止のためにオンラインで生中継され、ペク・スチャン監督をはじめ、俳優キム・ヒソン、チュウォン、クァク・シヤン、イ・ダインらが出席した。

「アリス」は、死んだ母親に似た女性と、感情を失った男の魔法のような時間旅行を描いたヒューマンSFジャンルのドラマだ。
チュウォンは、感情を失った刑事パク・ジンギョム役を引き受けた。彼は自身のキャラクターについて「10年前の母の死を復讐しようとする人物だ」とし、「生まつき失感情症で以前の作品とは異なるポイントがある」と説明した。

(2ページに続く)

・俳優チュウォン“顔を見たい”というリスナーのリクエストにマスク脱いで超スピードでセルフィーをカシャッ…「チェ・ファジョンのパワータイム」

・チュウォン、”「アリス」でキム・ヒソンとの共演、期待より100倍良かった”

・「アリス」キム・ヒソン“チュウォンの母親役、心配になったが母性愛で克服”

・「秘密の森2」チョ・スンウ VS「アリス」チュウォン、感情のない男たちが来る!!

2020.08.26

blank