ドラマ「Run on」側、「スタッフ1名コロナ感染疑惑者との接触を確認...安全のために撮影終了」

韓国のJTBC新ドラマ「Run on」を撮影中のスタッフ1名が、新型コロナウイルス感染症の感染の可能性がある人物と接触していたことがあきらかになった中で、制作陣は安全のために20日の撮影を終了した。

20日、JTBCの関係者は「今日『Run on』のスタッフ1名が、コロナ感染が疑われる他のドラマスタッフと接触した事実を確認した」とし「他のドラマスタッフは、検査の結果を待っており『Run on』スタッフも検査進行後に現在自己隔離中」と明らかにした。

続いて「『Run on』の制作陣は状況把握後、俳優やスタッフの安全のために20日の撮影を終了している」と伝えた。

一方「Run on」は、短距離陸上代表選手がスポーツエージェントになる過程を描いたドラマだ。今年の下半期に放送を控えており、最近まで撮影を続けてきた。
WOW!korea提供

 

イム・シワン(ZE:A)、ナチュラル無造作ヘアと気さくな笑顔で近況報告…年内新ドラマ「Run on」出演へ

・「公式」イム・シワン&シン・セギョン、ドラマ「Run on」出演決定…陸上選手と翻訳家の会い

・イム・シワン(ZE:A)、「Run on」で1年ぶりにドラマカムバック…演技派俳優の帰還

・防弾少年団、ソウル広場にファン1万人集結..「ARMYPEDIA」のファンベント「RUN ARMY in ACTION」開催

2020.08.20

blank