「BTS(防弾少年団)」J-HOPE、社会的弱者層の児童らに1億ウォン寄付

韓国アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」のメンバーJ-HOPEが社会的弱者層の児童らのため、1億ウォン(約900万円)を寄付したことがわかった。

児童福祉機関「緑の傘子ども財団」は18日、「BTS」メンバーJ-HOPEが新型コロナウイルス感染症で経済的困難に直面している社会的弱者層の子供たちを支援するため、1億ウォンを寄付したと明らかにした。

「緑の傘子ども財団」の高額寄付者会「グリーン・ノーブルクラブ」のメンバーであるJ-HOPEは「各種社会問題で被害に遭っている社会的弱者層の危機児童たちと、その中でも新型コロナウイルスで経済的困難に直面している児童たちによく伝達してほしい」と寄付理由を説明した。

J-HOPEは2018年、「グリーン・ノーブルクラブ」146番目のメンバーとなり、その年、人材養成および小児支援のため1億5000万ウォンを後援、2019年2月には母校奨学金として1億ウォンを後援、また同年12月には小児支援のため1億ウォンを寄託している。

(2ページに続く)

・「BTS(防弾少年団)」V、言葉を失う“男神ビジュアル”

・「公式」Big Hit、”BTS(防弾少年団)、17日新曲舞台の事前録画?公開スケジュール以外確認困難”

・【情報】【早くも12刷決定!】BTSメンバーの枕元にも…「気分変調症」について語るエッセイ『死にたいけどトッポッキは食べたい』が累計11万部突破!

・BTS(防弾少年団)ジミン…インドで一番人気の高い歌手に…シンドローム巻き起こす

2020.08.18

blank