女優ソン・ヘギョ、光復75周年迎えて日本・ウトロ地区に案内板寄贈

女優ソン・ヘギョが、ソ・ギョンドク(徐敬徳)教授と共に意味のある歩みを見せた。

15日、徐敬徳教授は自身のインスタグラムに「今日、光復75周年をむかえて俳優ソン・ヘギョさんと共に日本・京都のウトロ地区に大型案内板を寄贈した」と、伝えた。

徐敬徳教授は、案内板寄贈の理由に対して「訪問客が地下鉄の駅で降りて、ウトロ地区の住民会館“エルファ”を探して行くのがちょっと難しいと聞いて、地区の入口に設置することにした」とし、「そういえばソン・ヘギョさんと共にここウトロ地区には韓国語および日本語で製作した案内書をすでに2万部寄贈した」と、明らかにした。

また「今後も“企画徐敬徳-後援ソン・ヘギョ”のコラボが継続進行される予定」と、付け加えた。

全文

今日、光復75周年をむかえて女優のソン・ヘギョさんと共に日本・京都のウトロ地区に大型案内板を寄贈しました。

今回の案内板は横2メートル、縦1.5メートルの大きさで、韓国語および日本語そして英語でも共に製作しました。

特に今回の案内板の特徴は、何カ月前からウトロ地区の住民たちと着実にコミュニケーションしながら、彼らが願う文面とデザインで製作したことです。

また、案内板を寄贈することになった契機は、訪問客が地下鉄駅で降りてから、ウトロ地区の住民会館である“エルファ”を探して行くのがちょっと難しいということで、地区の入口に設置することになりました。

そういえばソン・ヘギョさんと共にここウトロ地区には、韓国語および日本語で製作した案内書をすでに2万部寄贈していました。

とにかく今年、新型コロナの事態によって、海外に残っている大韓民国の歴史遺跡の状況もあまりよい方ではありません。 そうであるほど私たちがより多くの関心を持たなければならない時だと考えます。

なにとぞこの9年間、国家記念日ごとにソン・ヘギョさんと共に全世界独立運動遺跡23カ所に韓国語の案内書、ハングルの看板、独立活動家扶助作品などを着実に寄贈してきました。

それでは今後も“企画徐敬徳-後援ソン・ヘギョ”のコラボが継続進行される予定です。 大いなる関心と応援お願いします。 いつもありがとうございます~^^。
#全世界#大韓民国#韓国#独立運動#歴史#遺跡#寄贈#プロジェクト#ソン・ヘギョ#徐敬徳#コラボ

 

  • ソン・ヘギョ、ヒョンビン再交際説否定後、初のSNS!”更に輝く美貌”
  • ヒョンビン-ソン・ヘギョ、中国発復縁説~両サイド“話にならない”~ネットユーザーたちも当惑
  • 俳優ヒョンビン、女優ソン・ヘギョとの復縁報道に「事実無根」
  • 女優ソン・ヘギョ、日常の中の女神ビジュアル…ブラウスだけ着ても清純さ大爆発
  • 2020.08.15

    blank