トロット歌手イム・ヨンウン、「ソリバダ」授賞式での冷遇巡る議論…所属事務所が沈静訴える

トロット歌手イム・ヨンウン、「ソリバダ」授賞式での冷遇巡る議論…所属事務所が沈静訴える

トロット歌手イム・ヨンウンが「2020ソリバダアワード」ファン投票でトロット人気賞の受賞者に選定されたが、トロフィーを受けることが出来なかった。冷遇の論議に巻き込まれた中、授賞式の主催会社と所属事務所が謝罪の過程を明らかにし、ファンの鎮静化に乗り出した。

13日、ソウル市ソンパ(松坡)区パンイ洞のオリンピック公園SKオリンピックハンドボール競技場で「2020 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS」が行われた。イム・ヨンウンはこの日、本賞と新韓流最愛ドルトロット人気賞受賞者に選定された。しかし、授賞式で新韓流最愛ドルトロット人気賞部門の受賞者の表記が漏れ、混乱が生じた。

「2020ソリバダアワード」側は授賞式に本賞と本物のファン賞はソリバダのモバイルアプリ、男女人気賞は最愛ドルのモバイルアプリ、トロット人気賞は最愛ドルセレブモバイルアプリ、グローバルアーティスト賞はスタープレーモバイルアプリを通じてファンの投票を実施した。このうち本物のファン賞、男女人気賞、トロット人気賞は100%ファン投票で受賞者が選定される方式で構成された。これに各ファンダムが熱を帯びた投票競争を繰り広げた。

その結果、トロット人気賞はイム・ヨンウンが獲得したことが明らかになった。しかし、これは公式ホームページを通じてのみ表記され、授賞式ではトロット人気賞の授賞そのものが省略された。これに、イム・ヨンウンのファンたちは「2020ソリバダアワード」公式ホームページを通じて抗議文を残し、解明を要求した。

イム・ヨンウンは3月に終了したTV朝鮮のバラエティ番組「ミスタートロット」で優勝を果たし、一躍スターになったトロット歌手だ。「ミスタートロット」がシンドローム級の人気を得て、優勝者であるイム・ヨンウンもまたアイドルに劣らないファンダムを作り上げている。

これに、イム・ヨンウンの現在のマネジメントを担当するNEW ERA PROJECTは14日、ファンカフェを通じて具体的な状況を説明した。イム・ヨンウン側は先に「ファンの皆さんのおかげで、イム・ヨンウンが『2020ソリバダアワード』で良い賞を受賞した。トロット歌手としてはソリバダアワードの歴史上初めて、本賞を受賞した」とし、受賞の意味とファンに対する感謝の気持ちを明らかにした。

さらに、「ただ、授賞式が進行される過程でミスがあり、これによってファンの皆さんに大きな傷心が生じたことに対して私たちも一緒に悩み苦しんだ」とし、「これに対して、ソリバダアワードの主催者の謝罪を受けた。進行過程の状況について説明する文章を出すという確答を得た」とファン達を落ち着かせた。

イム・ヨンウン側の予告通り、「2020ソリバダアワード」主催側はこの日、「作家、演出陣の表記ミスで抜け落ちて本賞だけが公開された。透明公正に進行された投票結果によって、すでに受賞者が確定されていたが表示が漏れ、混乱が生じたイム・ヨンウンと所属事務所、イム・ヨンウンのファンに謝罪の言葉を伝える」と公式謝罪の立場を明らかにした。

また、「トロフィーは受賞部門に合わせて製作された」「イム・ヨンウンに本賞と新韓流最愛ドルトロット人気賞のトロフィーを一緒に贈る予定」と説明した。

イム・ヨンウンの高まった人気によって、彼に向けた演出陣のミスによる“冷遇議論”がファンダムの激しい反発を引き起こした。主催者側の謝罪と所属事務所のアピールが怒ったファン心を沈静化できるか、今後が注目される。

WOW!korea提供

 

  • <トレンドブログ>「ミスタートロット」イム・ヨンウン、デビュー4周年
  • 「BTS(防弾少年団)」、7月歌手ブランド評判1位…2位イム・ヨンウン、3位「BLACKPINK」
  • <トレンドブログ>「ミスタートロット」イム・ヨンウン、次世代のダンディー男に登場
  • 【公式】歌手イム・ヨンウン、脆弱階層児童のために1億ウォン寄付「子供たちに安全な世界を」
  • 2020.08.15

    blank