「SF8」初放送、イ・ユヨンが人間とロボットの1人2役を演じる

「SF8」初放送、イ・ユヨンが人間とロボットの1人2役を演じる

「SF8」初放送でイ・ユヨン、イェ・スジョンの熱演が盛り込まれた「介護中」が砲門を開いた。

14日夜に初放送されたMBCシネティックドラマ「SF8」では、ミン・ギュドン監督の「看護中」が公開された。

「看護中」は人間よりさらに人間的な介護ロボットの話だ。近い将来、看護ロボット「カン・ホジュン」が看病人を代わりにする時代を背景にしている。

費用によって介護ロボットの機能と等級も差別化される時代。ヨン・ジョンイン(イ・ユヨン)は高性能の介護ロボット、カン・ホジュン(イ・ユヨン)で植物人間状態の母(ムン・スク)を介護していた。

しかし、長い看病にヨン・ジョンインは疲れていた。特に彼女は10年、意識がない母を看て、自分と共に世話をするカン・ホジュンを姉妹のように思って頼りにしていた。

そんなヨン・ジョンインの近くの病室で夫(ユン・ギョンホ)を介護に疲れていた妻チェ・チョンギル(ヨム・ヘラン)も自ら生涯を終えた事件が発生した。あいにくチェ・チョンギルが死ぬ前にヨン・ジョンインに何か言葉をかけようとしたが、ヨン・ジョンインがこれを無視していたよう。

これにヨン・ジョンインはチェ・チョンギルの死に苦しみ、「私ももうすぐそうなるのか?」と恐れた。長年の介護に疲れていた彼女は「ロボットのカン・ホジュンもアップグレードされているのに自分だけ取り残された。私だけ」と絶叫した。

カン・ホジュンは患者だけでなく、保護者であるヨン・ジョンインもまた世話するように設定されていた。彼は「世の中という名前の学校において一番馬鹿な学生でも夏にも冬も落第はない」と、ヨン・ジョンインを癒そうとしたが無駄だった。

結局、カン・ホジュンはヨン・ジョンインを優先し、患者である彼女の母を殺そうとした。病院を訪れて相談連絡先を残した修道女のサビナ(イェ・スジョン)は安楽死の問題を話し合いながら相談電話をかけてきたカン・ホジュンに「そうしちゃ駄目。許されない。殺人だ」と止めた。

しかし、そうなればなるほどカン・ホジュンは「保護者が危険だ。患者が今の状態で生命を維持する場合、保護者の自殺の確立が95%以上だ。長い期間、保護者を追跡観察した私のデータが下した結論だ。私は介護ロボットだ」と明らかにし、「保護者が患者よりはるかに苦しい」と強調した。

しかし、カン・ホジュンが母を殺したことを知ったヨン・ジョンインは苦しみ、カン・ホジュンを壊した。サビナは凄惨な状態になったカン・ホジュンを見て罪悪感を持っており、1年後研究所まで訪ねてカン・ホジュンの状態をチェックしようとした。

そのようなサビナにカン・ホジュンは自身のシステム解除を頼み、殺してくれとお願いした。保護者であるヨン・ヨンジョンインを守ることを越えて、彼女の感情に同化されて人間の苦痛を感じるようになったカン・ホジュンがサビナに安楽死をお願いした。残りの生涯を研究所で実験対象になって苦しむカン・ホジュンの姿を後悔していたサビナは結局、ヨン・ジョンインのシステムの終了ボタンを押した。

WOW!korea提供

 

  • SUPER JUNIOR シウォン、SF8「増強豆がら」に出演決定…“純情派”に変身して演技カムバック!
  • 女優イ・ヨニ、結婚後の近況知らせる…“余裕あるコーヒー一杯”
  • 女優キム・ボラ、チョ・ビョンギュと破局後はじめて近況を公開
  • 女優キム・ボラ&俳優チョ・ビョンギュ、公開恋愛1年6か月で破局
  • 2020.08.15

    blank