キム・ドンジュン、韓国の豪雨被災者のため1000万ウォンを寄付…所属事務所にも知らせず静かに善行

写真提供=MIRAL福祉財団

歌手兼俳優のキム・ドンジュンが、被災者のための寄付に参加した。

13日、MIRAL福祉財団は「キム・ドンジュンさんが集中豪雨で被害を受けた被災者のために使ってほしいと1000万ウォン(約90万円)を寄付した」と伝えた。

財団によると、キム・ドンジュンは所属事務所にも知らせず、個人的に寄付金を伝達したことが分かった。これに対し、所属事務所側は寄付者がキム・ドンジュンなのかというMIRAL福祉財団の問い合わせにより寄付の事実を把握したということだ。

MIRAL福祉財団の関係者は「12日、キム・ドンジュンさんの名前で巨額の寄付金が入ったため確認していたところ、寄付者がキム・ドンジュンさんであることがわかった」とし、「キム・ドンジュンさんは寄付の事実を公開することを望まなかったが、分かち合い文化拡散のために公開したいという財団側の説得で公開することを許可してくれた」と述べた。

キム・ドンジュンの寄付金は、MIRAL福祉財団を通じて今回の韓国の集中豪雨で水害に遇った重症障害児家庭の住宅補修と生活費、医療費、医療補助具の支援に使用される。MIRAL福祉財団は、被害家庭が一日でも早く日常に戻れるよう多角的な支援を行う予定だ。

キム・ドンジュンは普段から分かち合いに関心を持ち継続して善行を実践してきた。今年3月には新型コロナウイルス感染症の拡大防止に少しでも役に立ちたいとテグ(大邱)やプサン(釜山)に脆弱階層にマスクを寄付し、自身が出演している「美味しさの広場」の団体広告料を寄付した。

4月22日のアースデイには、広報大使として活動しているMIRAL福祉財団のキャンペーンに才能寄付(特殊な技能や才能を持つ人が、その能力を活かして公共の利益のために自分の知識や技能を無償で提供すること)で参加し、環境保護と分かち合いの意味を伝えた。

SBS「美味しさの広場」で活躍中のキム・ドンジュンは、今年の下半期に放送されるJTBCドラマ「場合の数」と、来年公開予定の映画「無人駅」にも出演する予定である。

 

キム・ドンジュン(ZE:A出身)、女心溶かす胸キュンアイコンタクト…彫刻イケメンのお手本

・チョン・ソミン&キム・ドンジュン、「ランニングマン」でいい雰囲気に?=゛連絡しなかったら許さない”

・アイドル出身キム・ドンジュン、眼鏡ずらしてお茶目な魅力発散

・「ランニングマン」、「IZ*ONE」ウォニョンから元「ZE:A」キム・ドンジュンまで豪華メンバー出演…歴代最高のカップルレース

2020.08.13

blank