【全文】「アイドル学校」出身ソム・ヘイン、同性の恋人との破局をSNSで告白…昨年8月にバイセクシャルと告白

オーディション番組「アイドル学校」出身でバイセクシャルであることをカミングアウトした女性ソロ歌手のソム・ヘインが破局のニュースを伝えた。

ソム・ヘインは4日、自身のSNSに「私が初めて公開恋愛をしていた友人と一緒に歩んでいた足を止め、各自の道を行くことを応援することに決めた」とし、「私たちはただ元の本人の場所に戻るだけなので、その友人はその友人の場所で私は変わらずに私の場所で頑張ります」と破局の事実を発表した。

ソム・ヘインは昨年8月、SNSを通じてバイセクシャルだとカミングアウトしたのと同時に同性の恋人と恋愛中だという事実を発表し話題を集めた。その後、自身と恋人に対する悪質なコメントが続くと、法的対応をすると明らかにもした。

ソム・ヘインは「アイドル学校」に出演していた経歴があり、その後に本で歌手やモデルとして活動した。「アイドル学校」は第1回の放送後に脱落し、その後彼女の姿は見られなかった。ソム・ヘインは昨年5月23日に1stソロシングルアルバム「MINI RADIO」をリリースし、その後「SAME HERE」をリリースしながら活動を続けた。

(2ページに続く)

・バイセクシャル告白のソム・ヘイン、校内暴力の加害者?  「話題をそらすため、カミングアウトしたのではない」

・バイセクシャル告白したソム・ヘイン、心境明かす 「自分の道を進む」

・バイセクシャル告白し話題の韓国人ソム・ヘインとは? 日本でもモデル・歌手として活動

・バイセクシャル告白のソム・ヘイン、悪質なコメントに「法的対応」を示唆

2020.08.04

blank