パク・ユチョン(元JYJ)、SNSで9月に歌手カムバック予告「韓国でのアルバム発売も視野に」“引退撤回”の波紋は続く

ボーイズグループ「JYJ」出身の歌手パク・ユチョンが“麻薬波紋”後、韓国でニューアルバムのリリースを懸念中だ。引退を覆したことで波紋が広がっている中、海外活動をしてきたパク・ユチョン。本格的に韓国での活動も再開するのか注目される。

パク・ユチョンは先月31日、公式SNSを通じてニューアルバムのリリースとタイでコンサートを開くニュースを伝えた。パク・ユチョン側は、「現在アルバムのリリースのために準備中だ。まもなく良いアルバムを引っさげてごあいさつできるようにいたします」とし、「またタイで単独ファンサイン会およびミニコンサートも開催する予定なので、多くの関心と愛をお願いします」と明らかにした。

これに先立ちパク・ユチョンは、今年1月にもタイのバンコクでファンミーティングを行ったことがある。その後公式サイトの開設やファンクラブの会員募集、写真集の発売などの活動復帰の兆しを見せ、“引退撤回”の議論が付きまとった。ニューアルバムをリリースすることは歌手活動のカムバックを意味するだけに、今回も彼の歩みに関心が注がれている。

これに対して、パク・ユチョン側の関係者は1日午後、ニュースサイトOSENに「韓国を除くタイや日本など他のアジア諸国でアルバムをリリースする」と述べた。その一方で「韓国でのリリースも調節中なのは事実だ。可能かどうかまだチェック中の状況」だと立場を表明した。

この関係者によると、パク・ユチョンのニューアルバムは今年9月末にリリースされる予定だ。関係者は「まず我々は9月末のリリースを計画中だ。アルバムの準備は終えた状況だ」と付け加えた。パク・ユチョンは最近、捨て犬のボランティア活動を行いながらアルバムの準備をしていたと伝えられた。

(2ページに続く)

・パク・ユチョン、ニューアルバム発売を予告…タイで単独ファンサイン会とミニコンサートも

・パク・ユチョン、オンラインファンミーティングを終えてファンにあいさつ…”これからも良い姿を見せる”

・パク・ユチョン、今日(27日)オンラインファンミーティング開催…収益金全額を日本に寄付

・パク・ユチョン、動画でファンへメッセージ「一生懸命準備するので、笑顔でお会いできたら嬉しいです」(動画あり)

2020.08.01

blank