BLACKPINK、アリアナ・グランデを超え“YouTubeクイーン”になるまで…記録で記録を塗り替える

約1年ぶりに新曲「How You Like That」でカムバックしたガールズグループ「BLACKPINK」が韓国を超え全世界の音楽ファンたちを魅了し、連日新記録を塗り替えている。特に世界最大の動画サービス・プラットフォームのYouTubeでは、他の追随を許さないほどの急激な上昇の勢いを見せ、グローバルなトップガールズグループの底力を立証した。

今月24日、YGエンターテイメントによるとBLACKPINKの公式YouTubeチャンネルの登録者数は4230万人を突破し、ポップスターのアリアナ・グランデを超え、YouTubeのチャンネル登録者数が全世界の女性アーティストで1位に躍り出た。

YouTubeチャンネル登録者はアーティストの人気と認知度が一目でわかる意味のある指標。BLACKPINKの登録者数は男女アーティストをひっくるめても、ジャスティン・ビーバー、DJマシュメロ、エド・シーラン、エミネムに続き5番目に高い数値で、BLACKPINKはそうそうたるポップスターたちとともに肩を並べ、格別なグローバルな波及力を証明した。

BLACKPINKのグローバルな人気は新人の頃から人並み外れていた。BLACKPINKはK-POPのガールズグループ史上初の単一シングルで海外18か国のiTunesで1位に、アメリカ・Appleミュージックの「Best of the Week」に選ばれるなど新人としては異例な記録の数々を立て、デビュー2年目に世界最大のユニバーサルグループの代表レーベル「インタースコープ・レコード」と手を組み、アメリカ舞台に本格進出を知らせた。

特にBLACKPINKは昨年4月、世界最大音楽フェスティバルのアメリカ「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル(Coachella Valley Music and Arts Festival)」のサハラステージにK-POPのガールズグループで初めて、コーチェラのサブヘッドライナーとなり、アメリカ現地の観客たちを一気に魅了した。13曲の代表曲を披露し、アメリカの音楽界に強烈な印象を残したBLACKPINKは、ステージが終わった後にツイッターのワールドワイド・リアルタイムトレンドのランキングで1位に上り、海外メディアたちの好評が相次ぐなど爆発的な関心を集めた。

(2ページに続く)

・「音楽中心」BLACKPINK1位…SSAK3“後輩たちと同じ舞台に立てて幸せ”デビュー所感

・「BLACKPINK」、YouTubeチャンネル登録者数が全世界女性アーティスト1位に…アリアナ・グランデ超え

・「BLACKPINK」、8月に2つ目の新曲発表…Lady Gagaに続く破格のコラボ予告

・「BLACKPINK」、「How You Like That」振り付け動画1億回再生突破…通算20本目の億再生

2020.07.25

blank