「コンビニのセッピョル」全体ミニシリーズの中で視聴率1位…話題性も“トップ”

SBSの金土ドラマ「コンビニのセッピョル」が、世帯視聴率、男女視聴者数で現在、放送中のすべてのミニシリーズドラマの中で1位になった。

SBS側によると、4日から5日まで放送された「コンビニのセッピョル」の第5、6話の平均視聴者数は、82万 1000人を記録、この一週間(6月29日~7月5日)放送された全チャネルのミニシリーズドラマの中で視聴者数1位になったという。 引き続き、67万 5000人の視聴者数を記録したMBCの水木ドラマ「コンデインターン」が2位、67万 3000人の視聴者数を占めたケーブルチャネルtvNの「サイコだけど大丈夫」が、3位になった。

5日放送された「コンビニのセッピョル」第6話は、首都圏世帯視聴率8.7%(2部、ニールセン・コリア基準)だったをし、分当たりの最高視聴率は9.8%まであがって、同時間帯視聴率1位、全体ミニシリーズ1位になった。

話題性も熱く、動画再生数(SMR + YouTube + SNS)は、2,000万ビューを超える数字(5月89日~7月6日韓国内基準)を記録した。

SBS側は「生活密着型空間のコンビニを背景に、バラエティーを超える爽やかな笑いとジーンとした感性が混ざったストーリーと、有名映画、ドラマの名場面をオマージュ、パロディして、見る楽しみをいっぱいプレゼントする演出、そして回を繰り返すほどに息がピッタリなとこを見せるチ・チャンウク、キム・ユジョンの掛け合いが主な要因だと思われる」と、分析した。

 

WOW!korea提供

  • チ・チャンウク、ドラマ「コンビニのセッピョル」ビハインド公開…店長の1日(動画あり)
  • キム・ユジョン、チ・チャンウクのためにコンビニを去る…最高視聴率9.8%「コンビニのセッピョル」
  • 「コンビニのセッピョル」キム・ユジョン、スクーター出勤から深夜バイトまで…24時間足りないラブリーなバイト
  • 「コンビニのセッピョル」チ・チャンウク-ハン・ソナ、危うい恋人関係“冷たい気流”が流れだす
  • 2020.07.06

    blank