<韓国ドラマNOW>「コンデインターン」21、22話、キム・ウンスら3人が実力で面接通過していた…パク・ヘジンはキム・ソニョンに反撃開始

<韓国ドラマNOW>「コンデインターン」21、22話、キム・ウンスら3人が実力で面接通過していた…パク・ヘジンはキム・ソニョンに反撃開始

※ネタバレ・あらすじになる内容が含まれています。

キム・ウンス、ハン・ジウン、ノ・ジョンヒョンが採用不正ではなく、本当の実力で入社したという事実が明かされた。

24日に韓国で放送されたMBC水木ドラマ「コンデインターン」では、キム・ウンス、ハン・ジウン、ノ・ジョンヒョンと会い、カ・ヨルチャン(パク・ヘジン)が反省する姿を見せた。

この日、イ・テリ(ハン・ジウン)、イ・マンシク(キム・ウンス)、チュ・ユンス(ノ・ジョンヒョン)の採用不正疑惑が起こった。しかし情報提供者の二転三転により、事件はこれ以上進行しなかった。その上、イ・テリ、イ・マンシク、チュ・ユンスがどんな対価も受けていないのだ。これにク・ジャスク(キム・ソニョン)は情報提供者との会話内容の録音ファイルまで提出しようとしたが、オク・ギョンイ(ムン・スク)とオム・ハンギル(キム・ギチャン)の強力のおかげで、すでに録音ファイルは削除された後だった。

後で分かったことだが、オク・ギョンイは過去に精製界の人物たちの不正を暴くアナスタシアだった。オク・ギョンイがク・ジャスクの秘密を収集し、ナムグン・ピョ(コ・インボム)に報告した。

カ・ヨルチャンは警察署を訪れイ・テリ、イ・マンシク、チュ・ユンスに会った。イ・テリはカ・ヨルチャンに会うと座り込み涙を流した。カ・ヨルチャンは「すまない」と謝罪した。その時ナムグン・ジュンス(パク・ギウン)が出てきて泣いているイ・テリと向き合った。イ・テリは「君が金持ちなら、他人の人生を無視してもいいのか」と嗚咽した。これに採用担当者は「お3方とも実力で採用されたのは間違いない」と述べた。

アン・サンジョン(ソン・ジョンハク)は「いくら社長の意見が重要だとしてもこれでいいのかと思ったが、君たちがその時どんでん返しを見せた」と述べた。イ・テリが面接当時に格別なアイデアで、面接官たちを喜ばせたからだ。またチュ・ユンスの場合は製品の原材料を何もかも覚えており、周囲を驚かせた。

アン・サンジョンは「カ部長、分かったか。君が人を見る目がどれだけクソのようだったのか」と述べた。イ・マンシクもさまざま経験やノウハウで不正ではない実力で入社した人だった。カ・ヨルチャンは3人を見て、自分の判断で勝手に人を判断して裁いたという事実に反省する姿を見せた。カ・ヨルチャンはク・ジャスクに対する反撃を準備し始めた。

WOW!korea提供

2020.06.25

blank