“B.I(元iKON)麻薬捜査もみ消し疑惑”公益情報提供者、検察に出頭

韓国アイドルグループ「iKON」の元メンバーB.I(本名:キム・ハンビン)の麻薬投薬疑惑とヤン・ヒョンソク元YGエンターテインメント代表脅迫疑惑を国民権益委員会に情報提供した歌手練習生出身A氏が23日、検察に出頭した。

A氏は同日午前10時ごろ、ソウル中央地検強力部の事情聴取を受ける前に「(ヤン元代表の)懐柔や脅迫のため、供述を覆したのか」という記者らの質問に「そうだ」と答えた。

ただし具体的な内容については「検察の聴取に誠実に臨んだ後、別途にお話しする」と答えた。

一方、B.IはA氏を通じて、大麻とLSD(舌に付ける紙型の麻薬)を購入後、一部を投薬した容疑をもたれている。ヤン元代表はB.Iの麻薬投薬疑惑を公益情報提供したA氏に供述を覆すよう強要し、脅迫した容疑をもたれている。また業務上の背任、犯人逃避教唆の容疑もある。

 

WOW!korea提供

  • B.I(元iKON)の麻薬捜査をもみ消し疑惑のヤン・ヒョンソク(元YG代表)をソウル中央地検で再捜査へ
  • “麻薬容疑”B.I(元iKON)&“脅迫容疑”ヤン・ヒョンソク元YG代表、検察に送致
  • 元「iKON」B.I、警察による薬物検査「陰性」の判定
  • 元「iKON」B.I、新型コロナ拡散防止のためマスク10万枚を寄付
  • 2020.06.23

    blank