「取材レポ」VIXX(ヴィックス)“カッコイイ!セクシー!そして、かわいい魅力が炸裂!

VIXX 1st Fan Meeting in Japan ~STARLIGHT~ 4

(C)2014 Jellyfish Entertainment & CJ Victor Entertainment, Inc.

12月10日、日本1stシングル「Error」をリリースし、待望の日本デビューを果たしたヴォーカル、ヴィジュアル、すべてにおいてプレミアムなアイドルグループ、VIXX(ヴィックス)が、12月18日(木)神奈川・ パシフィコ横浜国立大ホールにて「VIXX 1st Fan Meeting in Japan ~ST★RLIGHT~」を開催。

VIXX 1st Fan Meeting in Japan ~STARLIGHT~ HONGBIN

(C)2014 Jellyfish Entertainment & CJ Victor Entertainment, Inc.

グループ名のVIXXは「最高のVoice、最高のVisual、最高のValueを兼ね備えている」ことを意味し、2012年、Mnetのオーディション番組「My DOL」をきっかけに、シングル「SUPER HERO」で韓国デビュー。今年7月2日には日本で1stアルバム「DARKEST ANGELS」をリリースするなど、日本でも人気急上昇中。

追加公演となった昼公演と夜公演には熱狂的なファンが全国から詰めかけ、大盛況で飾り、改めて日本での人気の高さを証明した。

VIXX 1st Fan Meeting in Japan ~STARLIGHT~ HYUK

(C)2014 Jellyfish Entertainment & CJ Victor Entertainment, Inc.

会場が暗転するとファンはオールスタンディングでVIXXのテーマカラーであるブルーのペンライトを灯し、胸を躍らせ、彼らの登場を待ち受ける。
白地に黒の模様の入った衣装で登場したVIXXは日本デビュー・アルバム「DARKEST ANGELS」から「奇跡(Eternity)」で昼公演のオープニングを華々しく飾ると会場は一瞬にして、熱狂的なファンの歓声に包まれた。
「傷つく準備ができている」と2曲立て続けてステージを届けると唯一無二の“コンセプチュアル・アイドル”としての迫力あるパフォーマンスに会場の温度も急上昇。
全員揃ってあいさつし、自己紹介後はトークコーナーへ。

VIXX 1st Fan Meeting in Japan ~STARLIGHT~ KEN(C)2014 Jellyfish Entertainment & CJ Victor Entertainment, Inc.

MCから1stファンミーティング開催について尋ねられるとチャーミングでカリスマ性あるリーダー・エンが「今の気持ちは本当にうれしいです」と述べ「みなさんの気持ちはうれしいですか?」と会場に呼びかけるとファンの反応に「本当に?声が小さいですね」とダメ出し。
エンの期待に応えるように、場内から大きな歓声が沸き起こると「ありがとうございます」と満足した様子を見せたエン。
続いて、ダンスにラップと多才なラビが「最初にお聞かせした曲は『奇跡(Eternity)』と『傷つく準備ができている』でしたがどうでしたか?」と問いかけると、会場から熱い反応が瞬時に返ってくると「久しぶりに『傷つく準備ができてる』は歌いました。そして、『奇跡(Eternity)』は僕たちが『Error』の前に活動していた曲です。久しぶりに歌えて本当に良かったです」と笑顔で曲を紹介した。
8月のコンサート以来4カ月ぶりの来日に「ひさしぶりですね」と日本語で答えるエン。

その日本語の上達ぶりにその秘訣を聞いてみると「はい。勉強しました。日本のドラマ、木村拓哉さんのドラマを観て、勉強しました」と答え、「これからもっと、(日本語の勉強を)がんばります」と意気込みを示した。
今年も残り10日あまりと、2014年を振り返ってVIXXにとってどんな1年だったか聞いてみると、ラビは「2014年は本当に感謝の気持ちでいっぱいの1年でした。『奇跡(Eternity)』と『Error』の2つの曲で活動しましたが、たくさん1位を獲ることができましたし、みなさんとたくさんの思い出を作ることができて、とても気分がいい1年でした」と語り、
美男子ホンビンは「今年は日本で正式にデビューすることが出来ましたし、このようにSTARLIGHT(ファンクラブ)の皆さんと正式にお会いして、ファンミーティングをすることができて、とってもしあわせで、気分のいい1年でした」と話し、チャームポイントのえくぼを見せた。

VIXX 1st Fan Meeting in Japan ~STARLIGHT~ N(C)2014 Jellyfish Entertainment & CJ Victor Entertainment, Inc.

エンが「しあわせな1年でした。みなさんとより多く会えた素敵な1年でした。このようにみなさんといっしょに過ごす時間が持てて、僕は本当にしあわせです」とうれしそうに話すとクールなポーカーフェイスのレオも「たくさんの愛情をいただきまして、本当にしあわせな1年でした。『Error』を出した時、日本では活動できないかと心配しましたが、幸いにもみなさんが待っていてくださり、たくさん応援していただいたので、とてもしあわせです」と感慨深く語った。
ソウルフルなボーカリストのケンは「今日は日本公式ファンミーティングなので、日本語の歌も準備したので、期待してください」と流暢な日本語で答え「今年1年、ハッピーな年でした」とニッコリ。
VIXXの末っ子ヒョギは「日本のファンのみなさんと初めて会う公式ファンミーティングなので、とても、緊張してますが、同時に期待もしています。今回のファンミーティングでは僕たちたくさん準備してきました。日本語の歌はもちろん、スペシャルなステージも用意しています。たのしみにしてください!」と意気込みを示した。

VIXX 1st Fan Meeting in Japan ~STARLIGHT~ RAVI(C)2014 Jellyfish Entertainment & CJ Victor Entertainment, Inc.

ここからはVIXXの素顔を掘り下げるべく、事前に募集したファンからの質問に答えるQ&Aコーナーへ。

Q最近覚えた日本語は?
ラビ:(ジャスチャーを交えて)しゃぶしゃぶ、食べにいきましょう。
ホンビン:私の専門はおいしい牛乳を飲むことです(笑)。おいしい牛乳は本当においしいです。ラビもぼくも牛乳がすきです。
ヒョギ:僕は牛乳を飲まないんです。小さい頃から飲みませんでした。
エン:本当にたくさんの言葉がありますが。木村拓哉さん、よろしくお願いします。
MC:どうしてこの日本語を選んだの?
エン:ドラマでたくさん彼氏として出ているから(笑)。みなさんの彼氏は僕です!
(日本語)上手ですね僕。ごめんなさい(笑)。
レオ:そばにいてあげる。(会場は大興奮)
ケン:僕はコンビニに行きましょう。来日した時は毎日コンビニに行っています(笑)
ヒョギ:牛肉ください。(会場は大爆笑)今日はまだ食べていないです(笑)

VIXX 1st Fan Meeting in Japan ~STARLIGHT~ 7(C)2014 Jellyfish Entertainment & CJ Victor Entertainment, Inc.

Q自分を動物に例えるとどんな動物?
ヒョギ:僕は牛です。まつ毛が長くて、牛の目に似ているとよく言われますし、余裕がありすぎる行動が牛みたいだと。
ケン:僕はかわいい犬とクールな犬です。(犬の鳴きまねもいっしょに披露)
レオ:(会場から“猫”との声がかかると)もちろん、子猫です。そんな感じもしますね。
(大歓声に応えて猫の鳴きまねをするレオ)
エン:僕はキリンです。首が長いから(笑)
ホンビン:僕は鹿です。
エン:顔が鹿みたいにだから?そうでしょ?
エン:僕は僕です。
ラビ:僕は…
(ホンビンが「ラバです」ヒョギが「ダチョウ」と突っ込みをいれると)
ラビ:パス!パス!パス!
名解答や珍解答が飛び出す中、最後はラビの「パス!」の一声でトークコーナーは終了!

「これで、僕たちとみなさんがステージに残りましたね。そうでしょ?」とのエンの言葉にラビも「みなさんが期待しているステージをこれからご覧にいれたいと思います。準備はできていますか?スタート!」の声でライブがスタート。
重低音のリズムを刻む「暗闇を照らせ」やキラーチューンの「Secret Night」「Beautiful Killer」「Error」のカップリング曲「青春だって」など5曲を披露した後は、ゲームコーナーへ。
エン、ケン、ヒョギがAチーム、レオ、ラビ、ホンビンがBチームと2チームに分かれて、出題されたお題を見てポーズをとり、3人とも揃ったら1点獲得するという、題して「テレパシーゲーム」にチャレンジするメンバーたち。
会場もAチーム、Bチームの2チームに分かれて、応援することに。

VIXX 1st Fan Meeting in Japan ~STARLIGHT~ LEO

(C)2014 Jellyfish Entertainment & CJ Victor Entertainment, Inc.

応援したチームが優勝すると抽選で3名にサイン入りのCDがプレゼントされるというので、会場の応援にも熱が入る。
不正できないようにと、ステージには、衝立が用意された。
牛、うさぎと動物のポーズから、モデルポーズ、キヨミポーズと次々と出題されるお題に一生懸命ポーズをとるメンバーに会場は大熱狂。
見事、Aチームが優勝、抽選でAチームを応援したファン3名にCDがプレゼントされた。
「次の曲は僕たちが特別に準備した曲です」とヒョギの紹介でカバー曲「Lion heart」のイントロが流れると、ブルーに輝く、ペンライトが一斉にレッドに変わり、会場は赤一色に。しっとりとした6人の歌声が日本のファンへのスペシャルなプレゼントとして、届けられると会場は感動の波に包まれた。

VIXX 1st Fan Meeting in Japan ~STARLIGHT~ 3(C)2014 Jellyfish Entertainment & CJ Victor Entertainment, Inc.

赤と黒の衣装に着替えて、ストーリー性のあるサイボーグダンスで話題を呼んだ「Error -Japanese Ver.-」を初披露した後は“愛する人の欲望を叶えるために自らを犠牲にする”という独特な世界観を力強い歌声と迫力あふれるダンスパフォーマンスで表現した「呪いの人形」でイベントを最高潮へと導いた。
最後にファンに向けて、メンバー全員が日本語で手紙を朗読すると会場は温かな感動の渦にのみ込まれた。
「みなさんにどのようなプレゼントを送るか一生懸命考えましたがこのような未熟な小さなプレゼントですがどうでしたか?」とケンが問いかけると客席のあちこちからは「ありがとう」と感謝の言葉が返ってきた。
さらに「僕たちの気持ち、心がきちんと伝わりましたか?…まごころです」と手紙に託したVIXXの真摯な気持ちが伝わった後はいよいよエンディングトークへ。

VIXX 1st Fan Meeting in Japan ~STARLIGHT~ 5

(C)2014 Jellyfish Entertainment & CJ Victor Entertainment, Inc.

「まずはSTARLIGHTのみなさんと日本で初めての公式ファンミーティングを無事に終えることができて、とてもうれしく思います。今回のファンミーティングを通じて、僕たちとみなさんがより、親しくなったと思いませんか?今後もみなさんとたくさん会える、そしてたくさん、コミュニケーションできる、そういう機会があればいいなと思います。今日はお忙しい中、僕たちVIXXに会いに来てくださって本当にありがとうございました。(日本語で)愛してる(ヒョギ)」
「(日本語で)今日を忘れません。ありがとうございました(レオ)」
「みなさんのおかげで、本当にしあわせな1日でした。みなさん、一緒にそばにいてください。僕は本当にしあわせです。ありがとうございました(エン)」
「ファンクラブが発足してみなさんに会う初めてのファンミティーングに1階、2階、3階とたくさんのみなさんが会いに来て頂き、本当にありがとうございます。輝いてくれてありがとうございます。これから、1回目、2回目、100回目、そして、1000回目もみなさんといっしょに会いたいと思います(ホンビン)」
「今日はみなさんと一緒に時間を過ごせて、とっても気分がいいです。僕たちが日本に来るたびに温かく迎えてくれて、そして心から声援を送ってくれるみなさんに心から感謝しています。(日本語で)そして、本当に愛してる(ケン)」
「みなさん、今日は楽しかったですか?僕たちは一生懸命準備をしてきましたが、今度来るときはもっと、もっと練習して、もっと、もっと素敵な姿をみなさんにお見せします!僕たちもみなさんのおかげでとっても楽しかったです。これからもこのような時間がたくさん持てたらいいなと思います。これがスタートですから、これからもっと素敵な時間を過ごしていきましょう!(ラビ)」
同イベントの最後を「Starlight」で締めくくったVIXXはファンの熱いアンコールに応えて、再登場し、サイン入りのプレゼントを客席に投げ入れた。
この日の記念にとファンと一緒に記念写真を撮る一幕も。

VIXX 1st Fan Meeting in Japan ~STARLIGHT~ 6(C)2014 Jellyfish Entertainment & CJ Victor Entertainment, Inc.

ファン、ひとり、一人に感謝の気持ち届けるように、全員揃って、深々と一礼した後は手を振りながら、ステージを後にした。
オープニングからアンコールまで、次々と繰り広げられるVIXXのオリジナリティー溢れるライブパフォーマンスに会場中が熱狂し、ファンからの質問コーナーやゲームコーナーではメンバーそれぞれの魅力が炸裂し同公演は最高潮の盛り上がりのまま幕を閉じた。
夜公演では2015年3月、韓国を皮切りにコンサートツアー開催が決定し、4月には日本での開催も決定とのうれしいニュースも報告された。

VIXXの今後の活躍に益々、期待が高まる。
取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

写真:(C)2014 Jellyfish Entertainment & CJ Victor Entertainment, Inc.

 

■日本公式サイト「realvixx.jp」http://vixx.cjve.jp/

 

■日本公式ファンクラブ「STARLIGHT JAPAN」http://lovevixx.com/

2014.12.25

blank