<トレンドブログ>【グラビア】オン・ソンウ、初めての単独カバー装飾…“長くて着実に、そして太く活動したい”

俳優と歌手でハードワーク中のオン・ソンウが、初夏に似たさわやかな姿で「COSMOPOLITAN」6月号のカバーを飾りました。

オン・ソンウはファッションマガジンのカバー装飾は初めてと、ときめく姿で撮影現場に登場、グラビア職人らしい感覚的なポーズを見せました。 スポーティーなジャンパーからホットピンクのシャツまで、多彩な夏のファッションも上手に着こなしました。 カバーカットではマーカーで描いたようなブラック&ホワイトルックを着て、自由奔放なオン・ソンウの魅力を誇ったし、浮き輪、ボールなどの小道具を持ってかわいい笑顔を浮かべながらもシックなまなざしに変身して、魅力富豪らしい面を見せました。

去年、「十八の瞬間」でドラマデビューを成功的に終えたオン・ソンウは、現在、韓国で8月放映予定のJTBCドラマ「場合の数」の撮影中です。 2つのドラマで初恋を延期することになった彼は「そのおかげで『僕が誰かの初恋だったことがあるのか?』ということを考えるようになりました。 私もやはり誰かに初恋あるいは初めて感じる感情をプレゼントしたいです」とし、「僕を見て人々が『オン・ソンウだけの独特の感じがある』と感じれくだされば良いようです」と、話しました。

最近、ペク・チヨンと共に「どんな言葉も」を歌ってボーカリストとしても遜色のないヴォイスカラーを見せました。 「初めてオファーを受けた時、驚きました。 ペク・チヨン先輩は最高のボーカリストなのに、その方と共に歌った時、僕の声がとても浮くのではないかと心配しました。 レコーディングしてみたら、その感じを訪ねて行けたのに、聞く方々がどのように判断されるかも知れません」と、話しました。

偏った姿だけ見せるのは願わないというオン・ソンウは、最終目標を尋ねるとすぐに「多様な感情と多様な経験を体験して、長くて着実にそして太く活動したいです」と、答えました。

オン・ソンウのカバー2種とグラビアおよび動画は「COSMOPOLITAN」6月号と、「COSMOPOLITAN」公式SNSおよびウェブサイトを通じて会うことができます。

WOW!Korea提供

韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

 

  • 歌手ペク・チヨンと歌手兼俳優オン・ソンウ、「どんな言葉も」今日(12日)発売…クイーンとキングの出会い
  • <トレンドブログ>オン・ソンウ、どんな角度からでもグラビア職人…グラビアビハインド公開!!
  • 歌手ペク・チヨンと歌手兼俳優オン・ソンウ、12日にデュエット曲を発表
  • オン・ソンウ、完璧なスーツルック公開…“日常がグラビア”
  • 2020.05.18

    blank