<トレンドブログ>「スケッチブック」出演「NU’EST」“アイドル7年目のジンクスよく越えたよう”

グループ「NU’EST」が、アイドル7年目のジンクスを超えた歌を公開しました。

5月15日放送されるKBS 2TVの「ユ・ヒヨルのスケッチブック」には、最近カムバックしたグループ 「NU’EST」が出演します。

「NU’EST」はデビュー7周年に発売された「歌のタイトル」を放送で初めてライブで披露します。 普段の舞台ではあまり見ることができなかった5人の甘美なヴォイスカラーで、また違った魅力を発散したそうです。

「NU’EST」はこの歌を選曲した理由に対して「アイドルに7年目ジンクスがあって、よく越えたようだ。 かえって僕らは6年目以後から光を見始めた」とし、「この曲も『ヨボセヨ(HELLO)』のようにチャート逆行したら良いだろう」と、話しました。

「NU’EST」は、前回の初めての出演当時、緊張して多くのことを見せることができなくて残念だったと話し、2度目の出演であるだけに多様な姿を見せるためにカバー曲を準備しました。 ベクホは練習生時代によく歌ったキム・ボムスの「悲しみ活用法」を、ミンヒョンはロマンチックな歌詞が引き立った映画「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1」のOST「A Thousand Years」を熱唱して優れたボーカル実力を見せてくれるそうです。

「NU’EST」の真心が込められた「歌のタイトル」と、5月11日発売された「NU’EST」の8thミニアルバムのタイトル曲「I'm in Trouble」のライブ舞台は、韓国で5月15日午後11時30分から放送される「ユ・ヒヨルのスケッチブック」で公開されます。

WOW!Korea提供

韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

 

  • NU’ESTミンヒョン、純情まんがから出てきたの?
  • NU’ESTミンヒョンのビジュアルにMCキム・グラも感嘆…”ほんとにイケメン”「ラジオスター」
  • 「NU’EST」レン、度を越した悪質コメントに怒り
  • NU’EST、すでにデビュー9年…“長続きの秘訣は、たくさんケンカした”「正午の希望曲」
  • 2020.05.15

    blank