歌手ダビンが証言、自殺の警備員に日常的パワハラ加えた元マネジャー から「過去、暴言や脅迫受けた」

歌手ダビンが証言、自殺の警備員に日常的パワハラ加えた元マネジャー から「過去、暴言や脅迫受けた」

韓国歌手ダビンが、先ごろ警備員自殺事件のパワハラ・暴行加害者Aが自身のマネジャーとして働いていた当時、暴言を受けていたとを暴露した。

先ごろ、ソウルのあるアパート警備員が住民から受けていたパワハラに苦しみ、自殺したと報じられた。この住民Aは、芸能関係者であることがわかった。

これに、ダビンは13日、釜山日報とのインタビューを通して住民Aに関して言及。ダビンは、Aが所属していた企画会社からデジタルシングル「Goodbye」でデビューした。

ダビンは「Aさんがマネジャー代表であり、製作者として働く芸能企画会社に2017年から2019年までの2年間、所属していた。ダビンという名前で活動していた。侮辱されるような言葉、さらに脅迫も受けた」と主張。

また「2年間、放送や収益のある公演をしたこともなかった。契約金も受け取っておらず、仕事もなかった。生計のため塾で講師としてアルバイトした」とし、「契約が終了するころ、一度だけ突然ミーティングで呼び出され、アルバイトのため(その日)は難しいと言うと、電話で暴言を浴びせられた」と回想した。

WOW!korea提供

2020.05.14

blank