FTISLAND、CNBLUE、台湾で新たな収益記録を樹立...今年だけで250億ウォン

article (3)

FTISLANDとCNBLUEが台湾で大きな人気を受けている。
最近、シンガポールメディア「マイペーパー」は「台湾で新記録を立てた韓国歌手、今年だけで2955万シンガポールドル(約250億ウォン)の収益」というタイトルで韓国アーティストが、今年、歌のみで台湾で新たな収益を記録したという内容を報告した。

「マイペーパー」によると、CNBLUEは台湾で二日連続で開催したアジアツアー「2014 CNBLUE LIVE-Can't Stop」を通して8000万台湾ドル(約28億1200万ウォン)の売上高を上げ、今年現地で2回公演したSUPER JUNIOR と一緒に台湾で最も高い収益を収め韓流スターの1位を占めた。
また、FTISLSNDも、台湾で開催されたアジアツアー「FTISLAND 6th ANNIVERSARY [FTHX] Live」ではもちろん、イ·ホンギの単独ファンミーティング「イ·ホンギのプロポーズ」を通して3900万台湾ドル(約13億7000万ウォン)の収益を出したと明らかにした。

CNBLUEのスペシャルアルバム「Blue Hits for Asia」は、発売初週ゴールデンディスクを達成しており、台湾最大のレコード販売量集計チャート,ミュージック(Gmusic)アジアチャートでもK-POPでは、週間の最高販売量を達成し、頂上に上がったことがある。

また、FTISLANDは、台湾の有名アパレルブランドステイリアル( STAYREAL)のアジア1号モデルに抜擢され、メンバーたちが広告で着用したアイテムが完売を記録するなど、「元祖韓流バンド」らしい勢いををみせた。

特に、イ·ホンギ主演のドラマ「百年の花嫁」は、平日の午後9時のプライムタイムに編成されて人気枠に放映された。

FTISLANDとCNBLUEは12月20日と27日、日本の東京·幕張メッセと大阪城ホールで開催されるFNCエンターテイメントファミリーコンサート「2014 FNC KINGDOM IN JAPAN -STARLIGHT-」の舞台に上がる。

「FNC KINGDOM」公式サイト

http://www.fnckingdom.jp/

2014.12.19

blank