「コラム」去り際に手を振るパク・ボゴムには別世界に引き込まれるような哀愁がある!

現代はソーシャルメディアがブームを生み出す時代だと言える。つまりは、SNSで映えるスターに人気が集中するのだ。そういう意味では、瞬間的な表情に最大の魅力が凝縮したパク・ボゴムは、現代にピッタリのスターだ。

さらに映える存在

パク・ボゴムは笑顔が魅力の俳優である。
カメラを向けられたときや、ファンの熱い視線を浴びたときには、彼の表情に自然と笑顔がこぼれる。
そして、その表情は万人を魅了する。
しかし、たとえ笑顔でなくても、パク・ボゴムは深い内面性をにじませて、俳優としての奥行きを感じさせる。
たとえば、2018年12月11日の羽田空港・国際線ターミナル。ここに姿を見せたパク・ボゴムは、手を振ったり、驚いた表情を見せたり……。その瞬間の立ち居振る舞いが水彩画のような絵画になっていた。
そんなパク・ボゴムを見ていると、彼が従来のスター像を越える存在であることがわかってくる。
まさに、SNS時代にさらに映える存在なのだ。

ファンの前から去るとき、パク・ボゴムが名残惜しそうに手を振った。
そこに漂う「甘い哀愁」……。
それはまさに、別世界に引き込まれるような哀愁であった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コラム提供:ヨブル

http://yoble.jp/

 

2020.05.08

blank