「バラコラ」ボーイズグループ7組のサバイバル「Road to Kingdom」、駆け引き・心理戦・舌戦にも注目!

ボーイズグループ7組が「Kingdom」の出演権をかけ、熾烈なバトルを繰り広げる「Road to Kingdom」(Mnet)が4月30日にスタートした!

昨年、「MAMAMOO」、パク・ボム、「AOA」、「Lovelyz」、「OH MY GIRL」、「(G)I-DLE」が出演し、サバイバルを通して、「MAMAMOO」が見事、“Queen”の座に就き、話題をかっさらった「Queendom」。

その男性版「Kingdom」が、下半期の放送に先駆け、その予選会ともいえる「Road to Kingdom」を始動させ、ワクワク・ドキドキ感を届けている。

「Kingdom」へと向かうのは「PENTAGON」(2016年デビュー)、「ONF」(2017年デビュー)、「Golden Child」(2017年デビュー)、「THE BOYZ」(2017年デビュー)、「VERIVERY」(2019年デビュー)、「ONEUS」(2019年デビュー)、「TOO」(2020年デビュー)の実力派7組。

そのうち、「PENTAGON」はCUBEエンターテインメント所属で「(G)I-DLE」の先輩、「ONF」はWMエンターテインメント所属で「OH MY GIRL」の後輩、「Golden Child」はWoollimエンターテインメント所属で「Lovelyz」の後輩、ONEUSはRBW エンターテインメント所属で「MAMAMOO」の後輩というのも興味深いところだ。

初回放送は、全7組が勢ぞろいする「対面式」、いわゆる初の顔合わせが行われたが、この番組はあくまでシビアなサバイバル。パフォーマンスの完成度も大事だが、勝つためには戦略が大事。和気あいあいとしながらも、互いにけん制し合う姿も見られ、7組の駆け引きや心理戦も面白いのが特徴だ。

例えば、事前打ち合わせでは、出演者1組と電話通話できる機会が設けられ、「THE BOYZ」と「Golden Child」がお互い誰か分からない状態で、探り合いを開始。「THE BOYZ」はセンスのあるソヌ、「Golden Child」はモノマネ上手なジャンジュンがスポークスマンとなったが、2人のトークバトルが秀逸だった。

まず、ソヌが地声が分からないよう、声を変えて電話をかけると、「間違ってますよ」とガチャっと切るジャンジュン。これぞ先手必勝⁉ 意気揚々と盛り上がる「Golden Child」に、してやられた「THE BOYZ」。

「誰か分からないけれど、このグループには絶対勝ってやる!」と闘争心に火がついたソヌがもう一度、電話をかけると、「もしもし」と俳優チェ・ミンシクのモノマネで電話に出るジャンジュン。
ソヌ「僕たちがもう電話をかけないのではないかと不安になったでしょ?」
ジャンジュン「申し訳ないですが、それはないね」
ソヌ「おっ、どこのチェ氏ですか?」
ジャンジュン「チェ氏ではないです」
ソヌ「では、何氏ですか?」
ジャンジュン「ビタミンC」
ソヌ「お~、僕はオロナミンC」。
この時点で、両グループとも周りのメンバーたちは声を殺しながら、大爆笑。2人のアドリブでのトークセンス、瞬発力は芸人顔負けだ。

その後も、「ヘアサロンはどこ?」、「一番年上は何年生まれ?」などソヌの鋭い質問にも、冗談で交わしたジェジュン。結局、「どのグループが出演すると思う?」というソヌの質問に、「『THE BOYZ』のサンヨン、ジュヨン、エリック、ソヌ…。もっと言ってあげようか?」とこの頃には相手が「THE BOYZ」であることに、すっかり気付いた「Golden Child」に軍配が上がった。

(2ページに続く)

2020.05.03

blank