SUPER JUNIORイトゥク、SNSハッキング被害に再び警告…"いい加減にして、本当に"

ボーイズグループSUPER JUNIORイトゥクが、ハッキングの被害を再び訴えた。
イトゥクは1日、自身のSNSに「ハッキング、いい加減にして、本当に」という文を掲載した。
イトゥクがハッキングに関して訴えたのは今回が初めてではない。4月22日にもイトゥクはSNSに「毎日毎日ハッキングするようですが、やめてください。文字メールがすごく来ます」という文と「Instagramが再設定された」という内容が書かれたメッセージのキャプチャーを掲載した。

その後もイトゥクはずっとSNSのハッキング被害にあって、もう一度警告したものと見られる。これまでイトゥクを始めとした多くのスターたちがSNSのハッキング被害を受けている。イトゥクは2月に電話番号が流出するという被害も明らかにして、ファンを心配させている。

  • 東方神起ユンホ、新型コロナ克服のための「医療従事者のおかげキャンペーン」に賛同…次はSUPER JUNIORイトゥクを指名
  • イトゥク(SJ)、SNSハッキング被害を告白 「いい加減にして」と警告
  • 「インタビュー②」SUPER JUNIORイトゥク、”SUPER JUNIOR長く維持したい。ずっと走り続ける”
  • 「インタビュー①」SUPER JUNIORイトゥク、”16年め、困難を経てさらに固く団結した”
  • 2020.05.01

    blank