「非首脳会談」TAKUYA、「学生時代は野球選手。ボールを投げれば大騒ぎ」

「非首脳会談」TAKUYA、「学生時代は野球選手。ボールを投げれば大騒ぎ」

日本代表TAKUYA(CROSS GENE)が学生時代、野球少年だったことを明かした。

15日に放送された外国人がトークを繰り広げるJTBCのバラエティ番組「非首脳会談」には、米国のマーク・テットが“一日非首脳”として出演し、「2014私の国のナンバーワン」を主題に議論を展開するG10(外国人出演者)の姿が映し出された。

TAKUYAは野球を“日本の最高”に選んだ。彼は「野球といえば、国際野球連盟の世界ランキングで、ことしは日本が1位になった」とし、メジャーリーグでも高い年俸を受ける田中将大などを言及した。

またTAKUYAは「僕も学生時代、野球をしていた。外野手も投手もでき、キャプテンだった。ボールを投げると大騒ぎになった」とジョークを飛ばし、笑いを誘った。

WOW!korea提供

2014.12.16

blank