パク・ユチョン(元JYJ)、ウィジョンブ市長と面会し「広報方案」を論議…市側「決まったことはない」

パク・ユチョン(元JYJ)、ウィジョンブ市長と面会し「広報方案」を論議…市側「決まったことはない」

歌手兼俳優のパク・ユチョン(元JYJ)が23日にキョンギド(京畿道)ウィジョンブ(議政府)市長のアン・ビョンヨン(安炳龍)市長に会い、「ウィジョンブ市広報方案」に対して論議を交わしたと伝えられた。

市によると、同日午前11時頃パク・ユチョンはウィジョンブ市庁の市長室を訪問し、アン市長と数十分間にわたり会話を交わした。

これに先立ちパク・ユチョンは数回アン市長への面会を要請し、同日「ウィジョンブ市の広報をよくする方法」などの提案をしたと伝えられた。

市の関係者は「パク・ユチョンが知人を通じて数回面会を要請し、アン市長が応じた。広報方案を論議したというが決まったことはない」と述べた。

パク・ユチョンは前日(4/22)にウィジョンブ地裁の監置裁判に出席し各種芸能メディアの注目を集めた。(2ページに続く)

 

・パク・ユチョン(元JYJ)引退撤回 ファンサイト年会費6万6000ウォン(約5800円)

・パク・ユチョン、公式ファンサイトオープン…活動再開の動き、”大きな関心をお願い”

・【公式】パク・ユチョン、20日に公式ファンサイトをオープン…復帰準備か

2020.04.23

blank