イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は「漢方薬の達人」だった!

朝鮮王朝後期の名君として名声を博した正祖(チョンジョ)。時代劇『イ・サン』の主人公としてもよく知られている。彼は優秀な国王であっただけでなく、漢方薬についても医者ほどに詳しかった。

医官に薬の指示を出す正祖

1800年6月、48歳の正祖は高熱を発した。
からだに大きな腫れ物もできていた。
一旦は病床に伏した正祖だったが、なんとか起き上がって、薬を調合する現場を自ら視察している。
それは、彼自身が薬について本当に詳しかったからだが、同時に、毒殺されることを警戒する気持ちも働いていた。
そんな中、正祖は徐々に衰弱していった。
6月27日、侍医が正祖の脈を取り、「脈が弱いようです」と述べた。
医官と正祖が服用薬について話し合った。
正祖「キョンオッコ(漢方薬の名)は昨日も服用したが、蒸し暑い時期には効果があまりない」

医官「キョンオッコはゆっくりと養生するときの薬ですから、すぐの効果を期待するのは難しいようです。他の煎じ薬と一緒に服用するのがいいでしょう」
正祖「今後は病状にすぐ効く薬を使ったほうがいいだろう」
(2ページに続く)

英祖(ヨンジョ)!在位が一番長かった国王

英祖(ヨンジョ)はイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)に自決を命じた!

英祖(ヨンジョ)はイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)の死後に後悔した!

朝鮮王朝悪女列伝6「貞純(チョンスン)王后」

イ・ヨンは祖父のイ・サンのような名君になる素質があった!

2020.04.19