<トレンドブログ>証券会社がエンター株の買い傾向と投資意見を維持する理由は?

「防弾少年団(BTS)」の所属事務所Big Hitエンターテインメントが昨年、創社以来最高の実績を出した中で、停滞したエンター株が今の勢いを継続できるか関心が傾けられています。 SMエンターテインメント(以下、SM)とJYPエンターテインメント(以下、JYP)、YGエンターテインメント(以下、YG)など、“韓国3大企画会社”は、今年新人を出して名声を守るという計画です。

4日、金融監督院電子公示システムによると、Big Hitの昨年の売上額は5872億ウォンで、前年対比95%増加しました。 営業利益は24%増加した987億ウォンを記録した。 特に、Big Hitの営業利益は、SM(404億ウォン)とJYP(435億ウォン)、YG(20億ウォン)の営業利益を合わせた数字より多い状況です。

ここに「防弾少年団」が最近アメリカ・ビルボードのメインアルバム チャートである「ビルボード200」で5週連続上位圏を記して、「ソーシャル50」チャートでは142週連続1位を独占し、史上最多1位と最長期間連続1位という大記録を継続していて1分期も鼓舞的です。

ただし、「防弾少年団」もコロナ禍は避けられない状況です。 今月予定された韓国コンサート「BTS MAP OF THE SOUL TOUR – SEOUL」を取り消したのに続き、北米ツアーまで延期することにななりました。 Big Hit側は「新型コロナウィルス感染症にともなう不確実性による状況が、当社に及ぼす影響を現在としては予測し難い」としました。

もちろんこのような状況は他の企画会社にも同一に作用します。 韓国を始め、日本と東南アジアなどで開く予定だったコンサートとファンミーティングなどが、続々と取り消しまたは延期されています。 SMとJYP、YGなどエンター3社の売り上げで日本の比重は20%台の水準なので、証券街はコンセンサス(展望値)も大幅に低下しました。 一例として“エンター株の最年長者”のSMの場合、わずか1カ月前の1分期営業利益コンセンサスが127億ウォンだったが、現在は48億ウォンで大きく下落した状況です。

 

WOW!Korea提供

韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2020.04.06

blank