「ピノキオ」パク・シネ、イ・ジョンソク、ハグしてお互いを慰労「甘い時間」

201412102230775491_54884b0bddd4f

「ピノキオ」パク・シネとイ・ジョンソクがハグしてお互いを慰労した。

10日午後放送されたSBS水木ドラマ「ピノキオ」(脚本:パク・ヘリョン、演出:チョ・スウォン)第9話にて、イナ(パク・シネ)とボムチョ(キム・ヨングァン)は凍った路上で取材をし、ジェミョン(ユン・グンサン)が中学生を助ける場面を単独報道した。

イナは負傷したジェミョンをインタビューすることになり、ジェミョンはインタビューの途中でイナがソン・チャオク(チン・ギョン)アンカーの娘であることを知り、意味深な微笑みをみせた。ダルポは本能的に危険を感知した。ダルポはイナとジェミョンのインタビューを中断させ、イナを引っ張り出した。

ダルポはイナにジェミョンと関わるなと話し、懇々と頼んだ。理由を訊くイナに対し、ダルポは自身の過去を明かすことは出来なかった。ダルポは「ただ、誰よりお前を心配する人の話だから信じてくれないか」と訊き、イナはその言葉にうなずいた。

緊張がほぐれたダルポはベンチに座り込んで、イナはそんなダルポを抱きしめた。イナは「収拾期間終わって家に帰れば、パパが私たちのすべてを分かるはずだ。 それでも諦めないで」と言い、ダルポはイナの唇を掴んで「諦めないこと」を決心した。

「ピノキオ」は毎週水、木曜日午後10時に放送される。

(写真:「ピノキオ」放送画面キャプチャー)

2014.12.11

blank