【時代劇が面白い】金万徳(キム・マンドク)!大ピンチの済州島を救った女商人

多くの尊敬を集めた金万徳
金万徳はこの現状を打開するために、全財産を投げ打ち本土に出向くと、大量の食糧を仕入れ、島民に無償で配り始めた。金万徳の自己犠牲によって、済州島は最大の危機を乗り越えることができた。
彼女の行ないはすぐに22代王・正祖(チョンジョ)の耳に届いた。正祖は彼女の望むことをなんでも叶えるように伝令を走らせた。
しかし、金万徳は「当然のことをしただけです」と、その申し出を断った。
王命に背くわけにはいかず困り果てた伝令。その姿を不憫に思った金万徳は、「都を見学し、金剛山(クムガンサン)に登ってみたい」と答えた。
当時、済州島の女性は都に行ってはならない掟があった。しかし、正祖は金万徳の申し出を快く受け入れた。こうして彼女は女性の身でありながら、悠々と都や金剛山を観光し、故郷に帰っていった。


金万徳はその後も済州島で尊敬を集めて幸せに暮らしたという。済州島にはいまもなお「犬のように儲け、万徳のように使う」ということわざが残されている。

提供:韓流テスギ
http://tesugi.com/

 

朝鮮王朝にこんな悲しい世子(セジャ)が5人もいたとは?

16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

光海君(クァンヘグン)はなぜ兄を差し置いて王になれたのか

朝鮮王朝にはこんな悲惨な王妃が5人もいた!

朝鮮王朝で「絶世の美女」と称された5人は誰か

2020.04.02

blank