【時代劇が面白い】金万徳(キム・マンドク)!大ピンチの済州島を救った女商人

済州島を襲った災害
数年が経ち、金万徳は15歳の美しい娘に成長した。彼女の容姿を見た人たちは、口を揃えて妓生(キセン)になるように勧めた。
金万徳は済州島でも評判の妓生となった。妓生として生活を続ける中で彼女は、いつしか父の事業を復活させたいと願うようになった。金万徳はわずかな給金を貯めると、離れ離れになっていた弟を呼び寄せ、事業を起こす準備を始めた。
金万徳が目を付けたのは「鹿の角」。当時、本土の金持ちたちが高価な漢方薬を飲んでいると妓生時代に聞いたからだ。「鹿の角」は簡単には手に入らない上等な漢方薬の素材だった。
この予想は見事に当たり、彼女はまたたくまに大金持ちになり、彼女の評判はいっそう高まっていった。心配だった弟も自分の手を離れて幸せな家族を築き、金万徳はますます事業に力を注いでいく。


1769年、大型の台風が済州島を襲った。収穫物の多くが駄目になり、島民の多くが餓死していった。本土からも救援物資はいくらか届いたが、とても島民全体に届く量ではなかった。
(ページ3に続く)

 

朝鮮王朝にこんな悲しい世子(セジャ)が5人もいたとは?

16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

光海君(クァンヘグン)はなぜ兄を差し置いて王になれたのか

朝鮮王朝にはこんな悲惨な王妃が5人もいた!

朝鮮王朝で「絶世の美女」と称された5人は誰か

2020.04.02

blank