ソン・ジュンギ、主演映画「ボゴタ」チームがコロンビアでの撮影を中止し帰国を決定…新型コロナウイルスの影響

俳優ソン・ジュンギ主演映画「ボゴタ」チームが新型コロナウイルス感染症拡散によって、コロンビアの撮影を中止して帰国を決定した。

配給会社メガボックス中央(株)プルロスエムは20日「コロンビアで撮影を進行中の映画『ボゴタ』チームが安全のために帰国することを決定した」と明らかにした。

これは欧州、南米など全世界的に新型コロナウイルスが広がる傾向に緊急に下した決定だ。

配給会社によると、「ボゴタ」チームは最大限早期に帰国する予定であり、撮影再開するかどうかはまだ決まっていない。 関係者は「状況を見守る」とした。

映画「ボゴタ」はコロンビアに移民した主人公が見知らぬ土地に定着したことから経験する話を盛り込んだ作品だ。 キム・ソンジェ監督がメガホンをとり、ソン・ジュンギやイ・ヒジュンなどが出演する。 来る5月クランクアップ予定だったが、新型コロナウイルスによって撮影のスケジュールが遅延された。

 

  • <KBS World>映画「私のオオカミ少年」人気実力No.1 ソン・ジュンギ主演!韓国映画史上No.1の“胸キュン”ファンタジーラブロマンス!
  • 俳優ソン・ジュンギ、事務所関係者に知らせず1億ウォン寄付 「新型コロナで苦しむ人々の力に」
  • ソン・ジュンギの新事務所代表「俳優を追加で迎え入れる計画も」
  • 【全文】ソン・ジュンギ、「HISTORY D&C」とマネージメント契約を締結
  • 2020.03.20

    blank