「取材レポ」初の日本ツアー開催EPIK HIGH、新曲&懐かしのヒット曲にファン大興奮! “ゲラゲラポー”も大合唱!

DSC_4980

韓国ヒップホップ界のレジェンドとも呼ばれる3人組グループEPIK HIGHが、11月27日(木)の東京・渋谷WOMBを皮切りに、初となるジャパンツアー「EPIK HIGH JAPAN LIVE HOUSE TOUR 'PARADE 2014~2015'」を開催。東京、名古屋、大阪と12月1日(月)まで5日連続で、連日圧巻の熱いパフォーマンスを披露し、ファンを熱狂させた。

リーダーのTABLO(タブロ)、DJ TUKUTZ(トゥーカッツ)、MITHRA(ミスラ)の3人からなるEPIK HIGHは2001年にグループを結成。グループの名称は「詩に酔いしれた状態」「叙事詩的な偉大さ」を意味し、それだけに詩の表現技法と叙情性、文学性などを重要視し、その世界観とキャッチーな楽曲により、多くのファンを獲得してきている。

2011年からはBIGBANG、2NE1を擁するYG ENTERTAINMENTに所属。今年4月~5月に行われた「YG FAMILY WORLD TOUR 2014 -POWER- in Japan」にも初参戦し、来場した約21万人にその実力を見せつけ、強烈な印象を残した。

現在、韓国でも10月21日にリリースされた、約2年ぶりとなる8thアルバム「SHOEBOX」が大人気を博し、リード曲「HAPPEN ENDING」は韓国の主要配信チャートで1位、また音楽番組「M Countdown」では3週連続1位になるなど、華麗に活動を再開した。

その人気を受け、日本でも「SHOEBOX」の日本盤「SHOEBOX-Japan Edition-」が、12月24日にリリースされることも決定し、勢いに乗るEPIK HIGHがついに、本格的に日本上陸!とあって、彼らのライブパフォーマンスを生で見ようと、待ちわびたファンであふれ、チケットはソールドアウト。

初日の渋谷WOMB公演に続き、こちらもソールドアウトとなった翌日11月28日(金)新宿BLAZE公演も、スタートからハイテンションで、EPIK HIGHは約1時間半にわたり、最新アルバム「SHOEBOX」の収録曲を中心に、自身のヒット曲など全19曲を熱唱。熱気に満ちあふれるライブが展開された。

DSC_5367

会場には、ファン歴が長い人も多く、EPIK HIGH のライブの楽しみ方を良く知っている人が多かったからか、動きやすい靴にTシャツ、首にタオルを巻き、腕には光るリストバンド、という準備万端でスタンディングライブを楽しもうとする人があちこちに見られ、外の寒さとは打って変わって、開演前から汗がじんわりと滲み出るほど、熱気ムンムン。

オープニングBGMが流れた瞬間から、歓声が一気に湧き上がり、「ヤバイ」「鳥肌が立つ」などファンは早くも大興奮。最新アルバム「SHOEBOX」の収録曲「ENCORE」で幕を開け、DJブースにTUKUTZが入り、TABLOとMITHRAがテンションMAXで登場すると、さらに悲鳴に近い歓声が。エンジン全開のメンバーのあおりに、ファンもタテノリ状態で、叫びながら腕を高く振り上げ、フロア全体が激しく揺れる。

TABLOの「ソリチルロ!(大声で叫べ)」を合図に、人気曲「FLY」へとなだれ込み、酸欠になるのでは(!?)というぐらい、会場中がジャンプし、冒頭からオーバーヒート状態になったところで、最初のあいさつ。

「皆さんこんばんは。DJ TUKUTZです」とDJブースから前に出てきて、得意気に手を振りながらファンの声援に応えるTUKUTZ。DJブースに戻ったTUKUTZは、MITHRAが「こんばんは。EPIK HIGHの末っ子、MITHRAです」とあいさつをすると、BGMとして「スターウォーズ」の曲をチョイス。そして、TABLOが「皆さん、こんばんは。EPIK HIGHのリーダー、TABLOです」とあいさつをすると、BMGとして「妖怪ウォッチ」のテーマ曲を流し、会場全体が「ゲラゲラポー」を大合唱(笑)。粋な演出を見せ、ファンを楽しませた。

そして、日本語でTABLOが「日本で単独ツアーをやるのは今回が初めてです。こんなにたくさんの皆さんに会えて本当にうれしいです」と喜びを表現すれば、MITHRAも「こんなにたくさんの方が来てくれるとは思いませんでした」と感激。TUKUTZが「皆さん、これから楽しむ準備はできていますか?」と呼び掛け、「今日は最後まで楽しんでいきましょう!」と次の曲へ。

その後も、EPIK HIGHのヒット曲「LOVE LOVE LOVE」「ONE」「PEACE DAY」や、最新曲などを織り交ぜながら、一瞬たりとも飽きさせない構成で展開。TABLOとMITHRAはステージを大きく使い、最前列のファンとハイタッチをしたり、客席にマイクを向けたり、常にファンとコミュニケーションを図りながら、圧倒的なラップやライブパフォーマンスで観客を盛り上げ、TUKUTZもDJプレイだけでなく、ダンスも披露するなど3人3様の魅力を存分に発揮した。

曲はすべて韓国語の曲ながら、一緒に歌うファンも多く、終始大声で叫び、飛び跳ねて熱狂するファンの熱さに、メンバーは何度もステージ上からペットボトルの水をまき、客席をクールダウンさせようとする光景も。MITHRAは自分にも、頭の上から水をかけていたほどで、こんなに水をまくステージはないのでは?というぐらい、大量の水が客席にまかれたが、ライブ終了までその熱気が冷めることはなかった。

また、最新アルバムのダブルリード曲を続けて披露したとき、「SPOILER」ではTUKUTZがピアノ演奏を。「HAPPEN ENDING」では、イ・ハイが日本語でフィーチャリング参加した「HAPPEN ENDING ft. LEE HI [JAPANESE MIX]」を披露。サビ部分の日本語歌詞では客席も大合唱し、一体感に包まれた。

歌い終えたメンバーたちは、この2曲のうち、どちらが好きかと客席に問い掛け、「SPOILER」「HAPPEN ENDING」「両方」などあちこちから声が上がると、TABLOとTUKUTZは「僕も両方好きです」と声がかぶり、「テレパシー?」と顔を見合って笑いながら、「特に歌詞が本当にいいと思います」と説明。TUKUTZが「歌詞は誰が書きましたか?」と聞くと、「僕が書きました!」とニンマリするTABLO。「皆さんのために、日本語で歌詞が書けるようもっと頑張ります!」と宣言すると、客席からは大きな拍手が湧き起こった。

ちなみに、この日のMCはすべて、カンペを見ながらの日本語トークだったが、途中で詰まりながらも一生懸命話そうとする姿がほほ笑ましくもあり、メンバー同士カンペが見えないよう、お互いの目を隠し合ってジャレ合う姿なども面白かった。

「LOVE LOVE LOVE」を歌い終えた後、TUKUTZが「この曲は、前回のYGファミリーコンサートで、2NE1のダラちゃんが一緒に歌ってくれてうれしかったですが、正直あまり親しくないので、気まずかったです(笑)。冗談で~す」とエピソードを披露したときも、客席は大爆笑だった。

DSC_4507

最後のあいさつでは、TABLOが「日本の皆さんの前で、コンサートができて、本当にうれしかったです。一生忘れられないと思います」と語り、全員で「ありがとうございます!」と深く頭を下げると、客席からは大歓声、大きな拍手が送られた。

そして、本編最後の曲は、これもファンの間で人気の高い「FAN」。サビの部分で走る振り付けが個性的で、ファンも一緒に踊り歌いながら、最後まで全力疾走した。

客席の「E.P.I.K.」コールを受け、ライブTシャツに着替えて再び戻ってきたメンバーは、アンコールで最新アルバムの収録曲「BORN HATER」と7thアルバムのリード曲「DON’T HATE ME」を披露。曲の途中で、3人が白いうちわにそれぞれサインを書き入れ、客席に投げ込むサービスも。メンバーが「ソルチルロ~」とあおるたびに、ファンの声もまた一段と大きくなり、EPIK HIGHのメンバーも客席も、全員が完全燃焼で幕を閉じた。メンバーたちは、やり切ったという充実感に満ちた表情で、「ありがとうございます」「愛してる」と言いながら、ステージを後にした。

誰よりもEPIK HIGH自身が心から楽しんでいるからこそ、それを見ている観客も楽しくなり、一丸となって熱く盛り上がるライブだった。ファンも「燃え尽きた」「最高!」と大満足な様子で、1時間半だったが、全く物足りなさを感じさせない、充実した時間となった。彼らのポテンシャルの高さ、楽曲のクオリティーの高さを肌で感じられる興奮のライブは、再追加公演が決定した来年1月10日と11日、神奈川・Yokohama Bay Hallで再び堪能できる!

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

■EPIK HIGH Official Website

http://ygex.jp/epikhigh/

 

■最新リリース情報

EPIK HIGH自身初となる日本でのCDリリースが決定!!

約2年振りとなる韓国最新アルバム「SHOEBOX」をここ日本でも最速ライセンスでリリース !!

※収録楽曲の一部は韓国盤と歌詞が異なります。予めご了承ください。

 

発売日:2014/12/24発売

タイトル:SHOEBOX -Japan Edition-

アーティスト:EPIK HIGH

商品形態:CD+DVD, CD ONLY

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【CD+DVD】

品番:AVCY-58223/B

価格:¥2,800 (本体価格) +税

 

【CD ONLY】

品番:AVCY-58224

価格:¥2,000 (本体価格) +税

収録内容 :

<CD>

01. ENCORE

02. HAPPEN ENDING ft. LEE HI [JAPANESE MIX]

03. RICH ft. SOL (from BIGBANG)

04. SPOILER ft. TAEHYUN (from WINNER) [JAPANESE MIX]

05. BURJ KHALIFA

06. WE FIGHT OURSELVES ft. YOUNHA

07. AMOR FATI ft. KIM JONG WAN (from NELL)

08. BORN HATER ft. B.I, BOBBY, MINHO (from WINNER)

09. LESSON 5 (TIMELINE)

10. LIFE IS GOOD ft. JAY PARK

11. EYES NOSE LIPS ft. SOL (from BIGBANG)

12. SHOEBOX ft. MYK

13. HAPPEN ENDING ft. JOE WON SUN (from ROLLERCOASTER) [ORIGINAL VERSION]

14. SPOILER [ORIGINAL VERSION]

 

<DVD>

・ SPOILER + HAPPEN ENDING ft. JOE WON SUN (from ROLLERCOASTER) [ORIGINAL VERSION] -MUSIC VIDEO-

・ EYES NOSE LIPS ft. SOL (from BIGBANG)-MUSIC VIDEO-

・ SPOILER + HAPPEN ENDING ft. JOE WON SUN (from ROLLERCOASTER) [ORIGINAL VERSION] -MUSIC VIDEO MAKING-

 

■最新ライブ情報

『EPIK HIGH JAPAN LIVE HOUSE TOUR ‘PARADE 2014~2015′』

[再追加公演]

2015.01.10 (土)Yokohama Bay Hall【KANAGAWA】 16:00開場/17:00開演

お問合わせ : DISK GARAGE 050-5533-0888

2015.01.11 (日)Yokohama Bay Hall【KANAGAWA】 16:00開場/17:00開演

お問合わせ : DISK GARAGE 050-5533-0888

 

2014.12.07

blank