「個別インタビュー」カメレオンのような多彩な魅力で人々を魅了するHISTORY (ヒストリー)“チャン・グンソクさんは親切で優しい人”

DSC_9909

 

 

【動画】HISTORYからメッセージが到着!

 

タワーレコード渋谷店「LIVE LIVEFUL! COLLECTION」シリーズ第9弾として、日本での本格的な活動が期待されるボーイズグループHISTORY(ヒストリー)が来日記念盤「ABOUT HISTORY」を11月26日タワレコ限定発売。

翌日27日(金)、品川ステラボールにてタワーレコード渋谷店のフルリニューアル2周年を記念したK-POPイベント「“K-POP LOVERS!” SHOWCASE」に出演、個性的な楽曲とユニークなパフォーマンスで高い評価を受けた。

女性人気歌手IUの所属事務所から輩出されたHISTORYはリーダー・ギョンイル、ドギュン、シヒョン、ジェホ、マンネ・イジョンの5 人組オルターナティブグループ。グループ名の「HISTORY」は「His-Story(彼の物語)」という意味と独自で紡ぎ出す音楽やパフォーマンスで聴き手の心を惹きつけるという意味が込められている。

 

2013年4月「Dreamer」で韓国デビュー。デビュー曲「Dreamer」から「What am I to you?」、「Psycho」そして、日本オリジナル曲「怒るなよ」まで、異なるコンセプトで常に新しい姿を見せ、国内外から大きな注目を集めている。

そんな彼らへ公演直前の貴重な時間に直撃インタビューを敢行!楽屋で出迎えてくれたメンバーはタイトな時間の中、快くインタビューに応じてくれた。

リーダー・ギョンイルの「僕たちはHISTORYです」に続き、メンバー全員で「よろしくお願いします」と丁寧なあいさつからインタビューがスタート!

 

DSC_9919 シヒョン

DSC_9964ジェホ

DSC_9931ギョンイル

 

DSC_9943イジョン

DSC_9936ドギュン

Q自己紹介とアピールポイントをお願いします。

シヒョン:僕はシヒョンです。ラップを担当しています。僕の魅力ポイントはこの低音ボイスとカリスマ性です。よろしくお願いします。

ジェホ:僕はジェホです。僕の魅力ポイントは…かわいいです(笑)。ボーカルとラップを担当しています。

ギョンイル:僕は「HISTORY」のリーダー・ギョンイルです。僕は親切で優しくて、力強いです。

イジョン:僕はメインボーカルを担当しているイジョンです。僕の魅力ポイントは声で、話す時より歌う時の声がきれいです。(オーディション番組 『偉大なる誕生シーズン2』出身)

ドギュン:初めまして、メインボーカルを担当しているドギュンです。僕は184cmと背が高いです。

 

DSC_9930

Q“ここがすごい!”という「HISTORY」の魅力を紹介してください。

ギョンイル:状況に応じて体の色を変える“カメレオン”のように色々な楽曲で多彩な魅力を紹介できるところが魅力です。

シヒョン:僕たちは爬虫類です(笑)

DSC_9958

Qデビュー曲から最新曲まで、それぞれ、お気に入りの曲は何ですか?

ギョンイル:僕は「Psycho」がサイコーです!

ドギュン:僕はドラマ「きれいな男」(日本限定OST)の「The Last Time」です。

ジェホ:僕もドギュンさんと同じ「The Last Time」です。バラード曲です。

イジョン:僕は「怒るなよ」です。アルバム「ABOUT HISTORY」日本語オリジナル曲です。

シヒョン:IUさんとナレーションをした「Dreamer」です。

DSC_9946

Q「Psycho」のジャケット撮影映像ではギョンイルさんが素晴らしい肉体美を披露していますが。

イジョン:ギョンイルさん、すごい!

ギョンイル:毎日運動しています。ライブではもっとすごいものをお見せします(笑)

DSC_9939

Qドギュンさんも素晴らしい肉体美を披露されてますよね?

ドギュン:僕は下半身の方が筋肉がすごいんです(笑)

ジェホ:ドギュンさんは馬のような脚です(笑)

(ジェホの言葉にドギュンも他のメンバーも大爆笑!)

 

DSC_9924

Qデビュー曲から、新曲まで、全く違う印象の曲や、ダンスですが、それぞれ、こだわったとことはどこですか? メンバーで意見を出し合って、歌や、ダンスに反映させることはありますか?

メンバー:「Psycho」です。

ギョンイル:「Psycho」は振付の担当者と練習している時にいたずらでやったものが実際振付に採用されました。「Psycho」の時、“こっちを見て”と振りもそうですし、僕がイジョンの髪の毛を引っ張る振りシーンもお互いの中で生まれた僕たちのオリジナルの振付です。

DSC_9938

QそれぞれMVの撮影でオモシロエピソードがあれば教えてください。

ドギュン:「Psycho」のMVの撮影の時にダンスが激し過ぎて、衣装のパンツが4本も破けちゃいました。

 

DSC_9912Q一人で4本破けちゃったの?

ギョンイル:僕と、ドギュン、シヒョンです。

ドギュン:僕が2本で(笑)

ジェホ:バキーンと裂けちゃいました(笑)

シヒョン:僕はここ(腿の内側を指さして)がバーンと破けちゃいました。

イジョン:ダンスが激し過ぎて(笑)レザーなのに(笑)

Qレザーなのに破けちゃったんですか?

全員:はい。そうです(笑)

 

DSC_9949

Qレザーパンツが裂けるほどの激しいダンスで大変な撮影でしたね。

全員:はい。

シヒョン:それから、真夏の撮影で、とても暑かったです。

DSC_9915

Qそれで、あのすばらしいダンスパフォーマンスのMVが完成したんですね。

ギョンイル:そうなんです。

シヒョン:ありがとうございます。

 

 

DSC_9927

Q.7月に開催されたチャン・グンソクさん、IUさん、イ・ジャンウさんの「きれいな男」のドラマイベントで「キレイな男」のOSTから「The Last Time」と 今年の夏に発売された曲「Psycho」を披露されました、いかがでしたか?

ギョンイル:ステージを終えて戻る時にチャン・グンソクさんから「すごく、カッコ良かったよ。いいステージでした」とお褒めの言葉を頂き、すごく、うれしかったです。

DSC_9920

Qチャン・グンソクさんと記念写真も撮られていましたが、初めて会った時はどんな、印象でしたか?

シヒョン:とても親切な方です。

ドギュン:とても優しい方です。写真を撮る時も後輩なので、躊躇しているとチャン・グンソクさんのほうから「(写真撮るから)こっち、来て」と声をかけて下さったので、とてもうれしかったです。

 

DSC_9935

Q事務所の先輩でもあるIUさんはどんな方ですか?

ドギュン:年齢が若いのにすべて、自分で頑張っているところがすごいと思いますし、見習いたいです。

 

DSC_9957

Q今回3度目の来日ですが、日本で楽しみにしていることは何ですか?

ジェホ:たこ焼きです!たこ焼きを食べたいです(笑)

ドギュン:僕はパンです。コンビニのパンです(笑)実は、ジェホさんがコンビニスイーツが大好きです(笑)

ジェホ:シュークリームも。

 

DSC_9952

Qお寿司はどうですか?

全員:まだです。

(メンバーが声をそろえて、イベントが終わったら食べたいです!とアピール!)

ギョンイル:大トロをお願いします。大きい大トロ!

(他のメンバーも「大トロ大好き!」を連発!)

 

 

DSC_9915

Q日本で行きたいところはありますか?

ドギュン:表参道です。

ギョンイル:有名な場所で、ショッピングしたいです。

ギョンイル、シヒョン:裏原宿のキャットストリートに行きたいです。

イジョン:時間がなくて、行けなかったので。

ジェホ:スケジュールの関係で一度も。

(3回の来日で一度も実現していないことに、“次はぜったい”と張りきるメンバーたち)

DSC_9906

 

Q日本で挑戦してみたいことは何ですか?

ギョンイル:アリーナツアーをしたいです。日本の映画に出演してみたいです。

ドギュン:僕はソロでバラード曲を出したいです!

イジョン:日本のアーティストとコラボしてみたいです。

 

 

Q例えば、どなたとしたいですか?

イジョン:グンちゃん!あっ!日本ですね。日本のアーティストさんは嵐先輩です。

ドギュン:嵐さんの番組やコンサートは動画でよく見ています。

DSC_9958

ジェホ:僕は日本のCMに出演したいです。たこ焼きのCMに出たいです(笑)

(ジェホの答えに他のメンバーは大ウケ!)

シヒョン:僕は日本語のラップをしたいです。日本語のラップをソロで出したいです。

 

インタビューの終了を伝えると、即座に「お疲れ様でした」と日本語で労いの言葉をかける優しさを見せたメンバーたち。

インタビュー翌日11月28日に27歳の誕生日を迎えるギョンイルに一日早いお祝いを伝えると、爽やかな笑顔で「ありがとうございます」と返ってきた。

インタビューは終始和やかな雰囲気で行われ、食べ物の話にはハイテンションで、撮影中のエピソードでは爆笑また爆笑の楽しいインタビューとなった。

デビュー以来、ボーカル4名とラップ1名で構成した歌と画期的なパフォーマンスで、K-POP界で、めきめきと頭角を現してきたHISTORY。

個性的な5人が繰り広げるステージは新人とは思えない存在感を放っている。

日本でもそんな彼らの魅力に魅せられたファンが日増しに、増加し、今回の来日でさらに人気は急上昇!

ギョンイルの「アリーナツアーをしたい」という言葉の実現もそう遠い道のりではないだろう。

次はどんな姿を見せてくれるのか、彼らの活躍に期待が膨らむ。

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

2014.12.03

blank