CNBLUEジョン・ヨンファ、中国SNS連続1位…現地ファンの立場に立ったコミュニケーションの結果

 
IMG_0934 (1)
201412011600772070_547c12f2c5b89

バンドCNBLUEのリーダー、ジョン・ヨンファが2週連続でWeibo(微博)のチャート1位を独占した。

1日、中国最大SNSビジネスグループWeiboが集計した「GAON Weibo(中国版Twitter)チャート」(中国名:明星勢力榜)によると、ジョン・ヨンファは21期週間チャート(11月17日~23日)に続き、22期週間チャート(11月24日~30日)で2週連続1位を獲得した。

Weibo内にてジョン・ヨンファについて書かれたことに対するツイートポイントが1万9874ポイント、リツイートポイントが9362ポイント、ファン達のプレゼントした花の個数であるポイントが9270ポイントで、総点100%を記録した。3つの項目の点数を合計した順位を決める「GAON Weiboチャート」にて韓国芸能人が100%を占めたのはジョン・ヨンファが初めてだ。

所属事務所FNCエンターテインメントは「最近になって、全世界の韓流の中心が中華圏を中心に再編されており、急速度で拡張している中華圏のインターネットとSNS文化が、その原因として挙げられている中で、ジョン・ヨンファは中華圏最高の韓流スターとしての立場をもう一度確認した。」と伝えた。

ジョン・ヨンファはスターがファン達を称する現地用語である ”マパン(Mafan)”という単語を使うことはもちろん、中国現地CFに登場して最高の人気を集めている流行語を、センス良くパロディーした文で話題を集めた。また先月29日には中国南京にて開催されたコンサート後に、中国伝統料理である臭豆腐を食べる写真をアップロードするなど、現地ファンの視線に合わせたコミュニケーションをしていて、注目を集めている。

ジョン・ヨンファが所属するCNBLUEは去る11月29日中国南京オリンピックスポーツセンターにて開催された「2014 CNBLUE Live-Can’t Stop」ツアーコンサートを盛況裏に終えた。

(写真:Weiboキャプチャー)

2014.12.01

blank