悪夢の父子!仁祖(インジョ)と昭顕(ソヒョン)世子の確執(特別版)

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより

 

1623年、16代王・仁祖(インジョ)は、15代王・光海君(クァンヘグン)からクーデターで王位を奪った。有能な王の登場を予感させた仁祖だが、即位してからは失態が目立つようになった。1624年、クーデターの功臣・李适(イ・グァル)を冷遇したことにより、反乱が起こった。

 

屈辱を受けた国王
辺境の守備隊長を務めていた李适の反乱は、朝鮮王朝の国防を弱体化させた。その結果、北方の異民族である後金の侵攻を許してしまう。
仁祖はなんとか和睦を成立させるが、当時の朝鮮王朝は中国大陸の大国・明を崇めていたため、後金を“辺境の蛮族”と蔑(さげす)む態度を変えなかった。朝鮮王朝の対応に腹を立てた後金は、1636年12月、国号を清と改め、大軍を率いて朝鮮半島に攻めてきた。

朝鮮王朝は圧倒的な軍事力に対抗できず、仁祖は清の皇帝の前で土下座して謝罪。さらに、臣下の礼を強要された。これほどの屈辱を受けた国王も、朝鮮王朝には他にいなかったのではないだろうか。
仁祖は鬱屈(うっくつ)した。
「なぜ、こんな屈辱を受けなければならないのか……」
あれほど「辺境の蛮族」と馬鹿にしていた相手に屈服することは、仁祖のプライドをひどく傷付け、清への憎しみを増加させていく。

しかし、民衆は仁祖を罵(ののし)り、「情けない王のせいで、我々の生活は苦しくなるばかり」と非難した。
結局、清は朝鮮王朝から莫大な賠償金と、大量の人質までも奪っていった。中には、仁祖の長男の昭顕(ソヒョン)世子、二男の鳳林(ポンニム)大君、三男の麟坪(インピョン)大君の姿もあった。
まだ幼かった麟坪大君は翌年に返されたが、昭顕世子と凰林大君はその後も人質として、清に捕われたままだった。
(ページ2に続く)

2020.02.10